思惑通りの離婚劇?三船美佳が描く”3億円財産分与”のシナリオ

思惑通りの離婚劇?三船美佳が描く”3億円財産分与”のシナリオ

Photo by Gustavo Minas

 女優の三船美佳(34)が、今月初旬に離婚が成立した元夫の高橋ショージ(58)に対し、財産分与の申し立てを行っていたことが9月11日に分かった。

 報道によると、2013年におよそ3億円をかけて新築した自宅に、現在では高橋が一人で住んでいる状態だったが、三船は離婚成立後もその住宅ローンを、毎月40万円ずつを支払っていたとみられており、周囲の説得もあって、三船は財産分与を申し立てる決断をしたという。住宅ローンはあと数年を残すのみで、土地の購入や新居建設費用などは、三船の母・喜多川美佳(67)も援助をしていたとされている。

 一見すると、財産分与も当然のように思える流れではあるが、しかしこの三船のしたたかさには、周囲も白い目を向けている。

 三船と高橋は、16年余りの結婚生活を経た2015年1月に、離婚問題が公に。その際、三船が発した“モラハラ”という表現が話題となった。高橋の束縛ぶりなどが大きく取り上げられ、当時は高橋を批判する声が大きかったのも事実だ。それから1年ほどの離婚裁判を経て、今年3月に離婚が成立したわけだが、一部では「離婚はそもそも三船親子の計画だったのでは」との噂が広まり、徐々に高橋を擁護する声が高まり始めている。

■財産分与は母のアドバイス?

「今回の財産分与の件は、母・喜多川美佳が差し向けたものと言われています。かつては三船敏郎(享年77)を元妻から略奪し、資産もしっかりと自分名義に変更していたやり手です。今回の娘の離婚に関しても、良い条件が戻ってくるよう、しっかりと手綱を引いてるのではと言われています」(芸能記者)

 話はそれだけにとどまらず、喜多川は芸能界の強力なコネを使って、三船に不利な報道は流さないよう、マスコミ操作まで行っているという噂まであるという。

 大きな後ろ盾を持つ三船は、離婚成立前からバラエティでもことあるごとに高橋との関係をネタにしており、そんな三船の姿を見た視聴者も、徐々に高橋を擁護する見方に変わっていった。離婚が成立して以降、三船のはっちゃけぶりを見た視聴者からは「あざとい」などとバッシングの声が挙がっている。

 思惑通りの財産分与が成立すれば、三船のテンションもさらに上がり、ますます冷ややかな視線を送られることになるだろう。

 さらに三船には、もう1つ気になる噂がある。2011年初夏に、恵比寿で若いイケメンと腕を組んで歩いていたとされる、『女性セブン』(小学館)のデート報道だ。以降は関係性が公に出ていないが、この目撃情報の1年後に高橋と別居に至っただけに、タイミング的に何か関係があってもおかしくはない。

「記者会見でも『今が幸せです』と語った三船に対して、かつて番組で共演し、同じ離婚歴のある益若つばさ(30)が、『何かおかしい』とその違和感を指摘していました。益若は泥沼離婚だったので、当時はそんな発言ができる心境ではなかったそうなのですが、そこまで言い切れてしまう三船を見て、『あれはもう支えてくれる人がいるんだな』と感じたのではないでしょうか」(番組関係者)

 今回の財産分与の件も、新しい恋人との新居購入資金として既に計算に入れられているかもしれない。しかし、世間はそんな三船の計算はお見通しだろう。仮に財産分与がうまくいっても、彼女の好感度は下がり続けるかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)