中居は大はしゃぎでキムタクは不参加?ジャニー喜多川”誕生会”の舞台ウラ

中居は大はしゃぎでキムタクは不参加?ジャニー喜多川”誕生会”の舞台ウラ

中居は大はしゃぎでキムタクは不参加?ジャニー喜多川”誕生会”の舞台ウラ

 年間1000億円規模の売り上げを誇る、ジャニーズ帝国。地盤を継いだわけでもなく、一代で芸能界の覇権を握るまで拡大してきたのは、ジャニー喜多川(84)その人だ。

 御年84歳。10月23日に85歳の誕生日を迎えるが、注目が集まるのはなんといっても誕生日会だろう。「昨年のジャニーさんの誕生会は、ジャニーズオールスターズのような集まりだった」と語るのは週刊誌記者だ。

「去年の会場は、六本木の『RYUZU』というレストランでした。サンダルや半ズボンでは入れない、ドレスコードがある敷居の高い店です。この日、六本木ミッドタウン前にKAT-TUNの車が何台か止まっていて、少しするとミッドタウンからKAT-TUNの4人が一緒に出てきたんです。恐らくジャニーさんへの誕生日プレゼントを買っていたんでしょうね」

 この誕生会には、続々とジャニーズ所属のタレントが集まっていた。週刊誌記者は胸の高鳴りを抑えられなかったのだという。

「店の前に行くとジャニーズの車が大集合していて、滝沢秀明(34)がエントランスを行き来していました。無線機を使い、来訪者を案内する熱の入りよう。後日、滝沢がラジオ番組で語っていたところによると、発起人は中山優馬(22)で滝沢はアシスタントだったそうです」

■現場で一番はしゃいでいたのは中居?

 昨年の誕生会には、あの男の姿もあった。SMAPの独立を画策した立案者と言われる中居正広(44)である。

「『一番はしゃいでいたのは誰?』というリスナーの質問に対し、滝沢は『中居くん! 中居くんはしゃぎすぎ』と答えています。当日張り込んでいた記者は木村拓哉(43)の姿は確認することはできなかった。パーティは近藤真彦(52)や東山紀之(49)、嵐、TOKIO国分太一(42)、Kis-My-Ft2など100人以上参加し、大盛況でした」

 しかし、昨年の10月と言えば、中居は独立に向け飯島マネージャーと話を詰めていた最終段階と目される。だとすれば、相当にしたたかな動きだ。

 SMAPが解散を迎える今年、果たしてジャニー喜多川の誕生会に、SMAPメンバーは顔を見せるのか。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)