アノ人の名が表記?SMAP最後のベスト盤に”微妙な空気”

アノ人の名が表記?SMAP最後のベスト盤に”微妙な空気”

Photo by Pixabay

 今年いっぱいでの解散が決定しているSMAPが、デビュー25周年記念のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日にリリースすることが発表された。CD3枚組みで約50曲を収録する集大成的な作品となる予定で、特設サイトでのファン投票で収録曲を決定する。また、同28日にはミュージックビデオや秘蔵ライブ映像を収録したDVD&ブルーレイも発売される。

 これが最後のリリースになると見られ、ファンにとっては特別な作品となりそうだ。ところが、一部ファンからは「ジャニーズ事務所に利用されてるだけ」といった否定的な声が続出。さらにベストアルバムに「ある人物」の名が刻まれることが危惧されるなど複雑な状況となっている。

■事務所の”最後の一儲け”にファン複雑

 両作品はいずれも過去の楽曲や映像を集めたものになり、メンバーがそろっての新たな撮影や音源収録の予定は今のところなし。「新作」とは呼べない内容だが、このリリースは事務所サイドの意向で決定したという。

 「独立を画策した中居正広(44)ら4人はリリースに消極的。しかし、SMAPは解散騒動以降にまともにグループ活動ができず、新曲はおろか大入り確実の25周年コンサートも実現できなかった。SMAPはいまだに年間200億円の売上を叩きだしていましたから、それがパーになった事務所やレコード会社は大痛手。その補てんとして嫌がる中居らを説得し、リリース発表を強行したようです。音楽業界ではレコード会社を移籍する際にアーティストの意にそぐわないベストアルバムがリリースされることがありますが、同じ事務所に所属したままで今回のような事態は異例です」(芸能関係者)

 解散騒動後に代表曲『世界に一つだけの花』の購買運動がファンの間で巻き起こり、リリースから10年以上も経った今年9月にオリコン歴代CDシングル売上1位となる300万枚を突破。このファンの驚異的な購買力に事務所が欲を出したとしても不思議はない。

 また「日刊スポーツ」によるとNHKが熱望しているSMAPの『紅白歌合戦』出場は絶望的。12月26日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が実質的な“SMAP最後の日”になる見込みだ。となれば「最後の一儲け」としてベスト盤をリリースしたくなるのも当然なのかもしれないが、メンバーの気持ちが不明瞭な状況ではファンが複雑な心境になるのも無理はないだろう。

■ファンが危惧する…あの”天敵”の名前

 とはいえ、リリース自体は歓迎しているファンが少なくない。事務所の「最後の一儲け」だとしても、SMAPの記念碑となる作品となればファンも嬉しいだろう。だが、ある人物の名が刻まれるのではないかと危惧する一部のファンは猛反発しているようだ。

 「その人物とは藤島ジュリー景子副社長(50)です。ジュリー氏は寵愛する嵐はもちろん、V6やTOKIO、KinKi KidsらのCDなどに『Julie K.』名義でプロデューサーやスーパーバイザーとしてクレジットされています。本来ならSMAPは元チーフマネジャーI女史の管轄でしたが、解散騒動によってI女史は追放され、事務所内の派閥はジュリー氏に一本化されました。全グループを掌握する立場として、SMAPの最後の作品に自身のクレジットを入れて権力を誇示するのではとファンは危惧。『絶対に認めない』『ジュリーの名があったら買いたくない』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 SMAPの弟分であるKis‐My‐Ft2が今年6月にリリースしたアルバムは前作でプロデューサーに名を連ねていたI女史の名が消え、代わりに「General Producer:JULIE K.」とクレジットが入っていた。

 SMAP解散騒動の発端はジュリー氏とI女史の派閥争いであり、ジュリー氏の母親であるメリー喜多川副社長(89)が飯島氏を追放したと伝えられている。もしSMAP最後の作品に“仇敵”であるジュリー氏の名が刻まれれば、これは中居たち独立組にとって生謝罪に匹敵する屈辱となるだろう。

 本来ならばファン感涙のベスト盤だが、複雑な背景によって、なんともビミョーな空気の作品になる可能性もありそうだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)