キムタク&中居は出たい派?”紅白”を巡るSMAPメンバーの新対立

【SMAP解散】木村拓哉&中居正広と他の3人が紅白歌合戦への出場をめぐり対立か

記事まとめ

  • 12月31日をもって解散が決定しているSMAPに、紅白出場待望論が持ち上がっている
  • 木村と中居は紅白出場した方が良いというスタンスだが、他の3人は拒否しているらしい
  • NHKは放送直前の土壇場でも彼らが首を縦にさえ振れば特別枠を用意する体制だという

キムタク&中居は出たい派?”紅白”を巡るSMAPメンバーの新対立

キムタク&中居は出たい派?”紅白”を巡るSMAPメンバーの新対立

SMAPの5人は有終の美を飾れるのか?

 ついにラブコールが発せられるーー。12月31日をもっての解散が決定しているSMAPだが、NHKは『紅白歌合戦』への出演オファーを行う方針を明かしたのだ。これにより、SMAPの紅白出場について、可否にさらなる注目が集まっている。

「NHKは一部の取材に『内容や出演者は調整中』としつつ、SMAPへの正式オファーについては『10月に入ってからになるでしょう』とコメントしました。SMAPは過去23回にわたって紅白で歌ってきたので、最後のステージにはもってこいです。NHKとしても、紅白で有終の美を飾ってもらえたら……と、熱望しています」(テレビ局関係者)

 思えば、9月8日の定例会見では、籾井勝人会長(73)が「ぜひ(紅白に)出ていただきたい。誠意を尽くすという意味で、私が出掛けて行くことはいとわない」と、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)に直接交渉する構えを示していた。SMAP出場となれば目玉になることは間違いなく、視聴率も約束されることから、NHKとしては何としてでも実現させたいところだろう。

 しかし、実際は解散発表当初から「紅白出場は絶望的」との見方が強い。

■ケジメとして紅白には出場すべき?

 週刊誌記者が見立てを語る。

「あえて“12月31日解散”と発表したのは、ジャニーズとしても当初は『紅白にだけは出てくれるかも』という打算があったから。ですが、メンバーの様子からそれも厳しいことが分かってきた。もともと解散に反対していた木村拓哉(43)は、ケジメとしてせめて紅白には出場するべきだと主張しており、リーダーの中居正広(44)も『出られるなら出た方がいい』というスタンスです。しかし、他の3人が断固拒否しているのが現状で、意見がまとまらない以上、10月の正式オファーは実らないでしょう」

 5人のモチベーションが一致していない状態では、全員が納得のいくパフォーマンスは実現不可能だろう。

「ただ、10月のオファーは断ったとしても、放送直前の土壇場でも彼らが首を縦にさえ振れば、NHKは特別枠を用意する体制です。放送当日まで、何らかの形で“SMAP枠”の企画も用意していくつもりのようです」(前出・関係者)

 まもなく10月を迎えるが、NHKはどのような“二の矢三の矢”を準備していくのだろうか。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)