デキ婚だけは必死に否定?ファンが心配する加護亜依の迷走ぶり

モーニング娘。卒業後の転落ぶりが目立つ加護亜依に引退を願うファンも

記事まとめ

  • 8月に10歳年上男性と再婚した加護亜依が先月に妊娠を発表したがデキ婚は否定した
  • しかし、明らかにお腹は大きいので「息をするように嘘を吐く」などの声が出ている
  • 加護はモーニング娘。卒業後の転落ぶりが目立ち、引退を願うファンも多数いるという

デキ婚だけは必死に否定?ファンが心配する加護亜依の迷走ぶり

デキ婚だけは必死に否定?ファンが心配する加護亜依の迷走ぶり

Photo by PAKUTASO

 8月8日、10歳年上男性と再婚したことが判明した元モーニング娘。・加護亜依(28)。9月23日には、再婚後初のライブ「加護亜依“秋”LIVE『ファン大集合』」で、「私、妊娠しております」と唐突に発表した。

 加護と言えば、2011年に暴力団関係者とつながりがあり、恐喝未遂の容疑で逮捕された飲食店経営会社社長と結婚し、一児をもうけたものの、加護へのDVなどの傷害容疑で夫は逮捕され、2015年には離婚したばかり。

 今回の妊娠に集まったファンは祝福した「問題はその後の囲み取材だっと話すのは週刊誌記者だ。

「明らかにお腹は大きいのに、加護さんは『(妊娠は)先月の下旬くらいに発覚しました。残念ながら、できちゃった婚じゃないです』と、デキ婚を否定。世間は、『今さら誤魔化さなくても』『息をするように嘘を吐く』と冷ややかな反応です。加護さんにとって今は再出発の勝負のとき。公式ファンクラブを設立し、2月から始めたオフィシャルブログも読者数1万を超え、イメージを大切にしたいと思ったのでしょう。が、過去散々トラブルを起こしてきた彼女なので、いまさらそこを強調されても、何様のつもり? と思ってしまいますね」

 まさに迷走と言わざるを得ない加護の対応に、集まった記者も苦笑しかなかったようだ。

■波瀾万丈の加護にファンが願うことは

 モー娘。時代はトップクラスの人気を誇った加護だが、卒業後は転落ぶりが目立つ。2006年、2007年に二度の未成年での喫煙スキャンダル、2009年には俳優の水元秀二郎との不倫、元妻から慰謝料を請求されるなど、トラブルが絶えない。

「現在の加護さんのファンは、モー娘。時代からずっと追いかけている人がほとんどです。彼女のスキャンダラスな人生を見守ってきたファンの多くは、自分たちが離れたらこれ以上やばくなるかもと危惧し、責任感・義務感でおっかけをしている人も多い。今回のちぐはぐな発言を聞いて『イメージを気にしてデキ婚否定するくらいなら、引退して静かに暮らしてくれ』と願っている人も多数います」(芸能関係者)

 本格的に芸能活動を再会した彼女だったが、ファンが本当に願っていることは、彼女の活躍ではなく、芸能界を引退して幸せに暮らすことかもしれない。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

関連記事(外部サイト)