全国ツアーが売れ残り?浜崎あゆみの惨状を救うのは”あのジャニーズ”か

浜崎あゆみ離婚の意思表明し様々な憶測 元サヤの長瀬智也に戻るべきとファン提案も

記事まとめ

  • 浜崎あゆみは突如、離婚の意思表明「私は私の想う道を」と綴り様々な憶測を呼んでいる
  • 長瀬智也との破局から浜崎が壊れ始めたという声があり「元サヤに戻るべき」との提案も
  • 長瀬も独身状態で可能性はゼロではない、浜崎の精神も少しは落ち着くかもと記者は話す

全国ツアーが売れ残り?浜崎あゆみの惨状を救うのは”あのジャニーズ”か

全国ツアーが売れ残り?浜崎あゆみの惨状を救うのは”あのジャニーズ”か

Photo by Davide D'Amico

 9月19日に出演した『MUSIC STATION ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)で、高音の出ない歌声を披露して各所で酷評された浜崎あゆみ(37)。私生活の荒れっぷりも露呈しているようだ。

 11日にファンクラブ会員向けの公式サイトで突如、離婚の意思を表明。「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました。彼は彼の想う道を。私は私の想う道を」と綴っており、様々な憶測を呼んでいる。

 浜崎は、2013年に10歳年下のロサンゼルス在住医科大学院生と婚約し、翌2014年3月に結婚。一時は、浜崎も活動の拠点をロサンゼルスに移していたが、昨年7月に帰国しており、現在は別居状態だったと報道されている。今回の異例の発表について浜崎は「報道が先行してファンに届くのだけは嫌だった」とも綴っていたようだが、ネット上では驚きの声はほとんどない。むしろ「ようやく来たか」と、さも当然かのようなコメントが多く挙がっているという。

■あゆ復活の鍵を握るのはあの男?

 以前から浜崎の“白人コンプレックス”を指摘する声は大きい。浜崎は、大好きなアーティストであるマドンナのようになるために、米国の永住権取得を画策。今回の結婚自体、最初からアメリカ永住権“グリーンカード”を取得する為なのではと噂されていた。

「正規のグリーンカードは『結婚後2年で切り替えられる』とあるそうです。今回の浜崎の結婚期間は2年半なので、それ目的の結婚だった可能性が高いと言われてもしょうがない。しかし、その権利が都合上取れないと分かったようで、浜崎はあっさりとポイ捨てしたのではともっぱらの噂です」(芸能記者)

 そんな浜崎だが、一部の熱狂的なファン達からは、意外な提案が広がっているという。

「以前に交際していた長瀬智也(37)との破局から、浜崎が壊れ始めたという声があります。そんな人達からは『元サヤに戻るべきだ』との声が日に日に強くなっているようです。長瀬もいまだに独身状態ですから、可能性はゼロではない。このビックカップルが復活すれば、浜崎の精神も少しは落ち着くかも」(前出・芸能記者)

 浜崎の荒れた私生活を安定させられるのは、長く交際をしていた長瀬くらいしかいないということだろうか。今月30日から北海道Zepp Sapporoでスタートする全国ツアー(全18公演)もチケットの多くが売れ残り、ついには先着順で購入可能な4次販売に突入したばかり。未来が見えない海外生活にばかりに目を向けていないで、こんな状態でも付いてきてくれている熱狂的ファンの声に、少しは耳を傾けてもらいたいものだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)