必死なのは愛之助だった?藤原紀香”神前式”の意外すぎる舞台ウラ

必死なのは愛之助だった?藤原紀香”神前式”の意外すぎる舞台ウラ

Photo by ai3310X

 さる9月23日、藤原紀香(45)と歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)が世界文化遺産に指定されている賀茂別雷(かもわけいかづち)神社(京都市・北区上賀茂本山)で結婚式を挙げた。当日は一般参拝客600人、報道陣もおよそ100人が集まり、それなりの賑わいを見せた中で、奇妙な光景が広がっていた。

「最初、二人の結婚式は“京都のどこかで式を挙げるらしい”くらいの情報で、マスコミへの案内は一切ありませんでした。ところが、2日ほど前になって急に松竹から連絡があったんです」(スポーツ紙記者)

 現場についてみれば、神社の境内にはマスコミ専用の撮影位置が設けられ、境内に入る姿、出る姿はばっちりと収められるようになっており、松竹側の誘導スタッフは10人ほどもスタンバイ。トイレや神社の正式名称まで事細かに説明していた。

 実は紀香サイドは当初、京都での挙式についてマスコミに公表する予定はなかった。むしろ公開に積極的だったのは、愛之助が所属する松竹エンタテインメントだったのだ。

■紀香のマネージャーは当日雲隠れ?

 事情を知る芸能関係者が語る。

「松竹から情報が漏れたということになると、隠密にしたかった紀香サイドが怒っている可能性はとても高い。事実、当日の現場仕切りなどは松竹が行っていましたし、現場の事前の下見などもすべて松竹が行ったようです」

 それにしても、なぜおめでたい話題に紀香サイドが敏感なのだろうか。その答えは、この話題が報じられた当日のネットでの彼女の世間の評価にある。

 挙式の模様が伝えられると、「2回目で白無垢を着て恥ずかしくないのか」「過剰に報じすぎだ」など、紀香に対して厳しいコメントが並んだ。もちろん、最近では再婚でも白無垢の衣装を着ることはごく一般的である。しかし、再婚である以上、どう映るのかについて、紀香の事務所は細心の注意で臨まなければならなかった。

「この日、紀香に帯同している事務所関係者に過去の映像使用の許可をもらうため、民放の取材ディレクターが何度もマネージャーへの接触を試みましたが、最後まで会えず、結果、映像使用の許可は得られませんでした。紀香サイドが積極的だったとは考えづらい」

 そう、実は「報道されたい」と躍起だったのは、松竹の方だったのだ。

■話題集めに必死な歌舞伎界の窮状

 夫婦で全く違ったこの対応。松竹の関係者は語る。

「歌舞伎役者は、定期的に話題を作らなければいけませんからね…こういう行事ごとは非常に大事なんです」

 確かに、歌舞伎の世界は今、人気漫画『ワンピース』と歌舞伎のコラボやジャニーズ事務所のタレントとの舞台など、話題集めに必死だ。

 そんな松竹にとって、愛之助の結婚式というショーは、是が非でも披露したい一大イベントだったのかもしれない。が、今回のお相手は、いろんな意味で慎重にならなければいけない“藤原紀香”という爆弾──今週水曜日に都内で予定されている結婚披露宴がどのような形で報じられるのか、そういう側面からも注目したいところだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)