元KAT-TUN・赤西仁が中国で返り咲き?田口淳之介との違いとは

元KAT-TUN・赤西仁が中国で返り咲き?田口淳之介との違いとは

Photo by Pixabay

 元KAT-TUNの赤西仁(32)が俳優の山田孝之(32)と共に、ユニット・JINTAKAを結成。今月21日発売のシングル「Choo Choo SHITAIN」が、20日付のオリコンデイリーシングルランキングで2位を獲得した。同ランキングでは、1位がEXILE THE SECONDの「WILD WILD WILD」、3位がaikoの「恋をしたのは」となっており、人気アーティストに挟まれるかたちでのランクインとなった。2人の共作(作詞・作曲)となる本作が、今後どこまで売り上げを伸ばすのかも期待が寄せられるところだ。

 赤西は2010年にKAT-TUN脱退後、ソロアーティストとして継続的に活動していた。自身による自主レーベルを立ち上げ、これまで数作のシングルやアルバムも発表してきたが、マスコミで大きく取り上げられることもなく、KAT-TUN時代と比較するとメディアへの露出は大きく減少している。そのためファン以外は赤西に対し、「干されているのでは?」「今何をやっているの?」という印象を抱いてしまう人も多いようだ。

 しかし関係者によると、赤西の露出が極端に少ないのには理由があるという。

「赤西はジャニーズ在籍時も、留学を理由に突然活動を休止したり、急な脱退発表で事務所が手を焼くお騒がせメンバーでした。そのため、ジャニーズ事務所のご機嫌をうかがうテレビ局などは、そんな彼を大々的に取り上げられないというのが背景にあるようです」(芸能関係者)

 日本のメディアからは距離を置かれている赤西であるが、中国では圧倒的な人気を誇っているという。

■田口淳之介の活躍の場とは?

 赤西は昨年、北京で開催されたエンタメジャンルの授賞式にて、日本人初の「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」をW受賞している。ライブ活動も中華圏まで幅を広げており、来訪時は空港に多くのファンが殺到する人気ぶりだというのだ。まるでKAT-TUNの全盛期を彷彿とさせる状態といってもいいだろう。

「こうした中国での人気を足がかりに、逆輸入アーティストとして再び日本のメディアに返り咲く可能性はある。赤西からすれば、中国で多くの賞を受賞し、メディアに取り上げられる機会も多い現在、もはや日本での活動は出稼ぎ感覚となっているかもしれません」(前出・関係者)

 そんな新たなキャリアを築く赤西だが、赤西の活躍が伝えられると思い出されるのが、今年3月に脱退した田口淳之介(30)だ。田口は、今年11月にソロシングル「Hero」をリリースする予定。赤西同様ジャニーズ事務所の元から離れる形になった田口だが、歌手としての再デビューを不安視する声は大きい。

「グループ在籍時代も圧倒的な歌唱力を誇っていた赤西に対し、田口は一番音痴と評されていたほど。そのため本人らが期待するほど、シングルのヒットは望めないのではないでしょうか」(芸能記者)

 田口も赤西同様に、日本でのメディア露出は期待できない。田口も逆輸入アーティストへの道を進むことも、視野に入れた方がいいのかもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)