新婚秘話がファンを逆なで?福山雅治”人気急落”の深刻度

新婚秘話がファンを逆なで?福山雅治”人気急落”の深刻度

Photo by ginnerobot

 9月22日、歌手の福山雅治(47)が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に初出演し、結婚後の自身のプライベートなエピソードトークを披露して話題を呼んでいる。

 番組内では、先月末に妻である女優の吹石一恵(33)の妊娠が発表された点にも触れ、父親としての心境が語られる場面もあった。これまであまり自身のプライべートについて詳細に語ることはなかったため、ファンからは「思った以上にいろんな話が聞けた」などの声が挙がっている。

 独身貴族の一人だった福山の結婚に、一部熱狂的な福山のファンがそのショックから喪失感に陥る「ましゃロス」なる言葉も流行し世間を賑わせた。あれから一年が経過したが、「ましゃロス」の影響は出演ドラマの低視聴率やファン離れなどにつながり、いまだ収束をみない状態が続いている。

「福山自身も多少のファン離れを覚悟していたようです。しかし社会現象まで発展し、ここまで人気低迷を引き起こすことは想像もしなかった。今回のプライベートトークは、結婚で去って行ったファンを引き戻すための1つのアピールだと推測されます」(芸能記者)

 俳優活動に関しては、今年春に放送された月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が、月9ドラマの作品中歴代ワースト視聴率を記録し、大苦戦をしいられた。また今年5月には、ファンだという女性コンシェルジュが福山の住むマンションに侵入するという事件も発生した。こうしたことも含めて福山は、乱心したファンの気持ちを鎮めるべく、比較的トークがしやすい『徹子の部屋』の出演を決めたのかもしれない。しかしこのプライベートトークは、結婚に批判的なファンの火に油を注ぐ行為だったのではないかと記者は予想する。

■まだまだ終わらない「ましゃロス」の余波

「プライベートの近況について語ろうとすると、必然的に吹石のことが登場する。そのことが一部熱狂的な福山ファンにとっては、吹石に対する嫉妬を増長させることにもなりかねない。今回の福山のプライベートトークは、“アンチ吹石”の心をさらに駆り立てるのではないかとも懸念されているようです」(前出・芸能記者)

 そんな状況の中で、出産のために仕事をセーブしている吹石が、出産後の女優業復帰を果たすことはできるのだろうか。一部週刊誌では、吹石自身は芸能界からの引退を考えていることも伝えられているという。

「福山自身は吹石には子育てに専念してほしいと考えているようですね。自分だけがバッシングを受けているならまだしも、吹石にもいわれのない誹謗・中傷が飛ぶのは夫としても耐えられないでしょう。育児に影響が出ても困りますしね」(芸能関係者)

 仮に、吹石が女優業を引退するとなると、福山の活動に一家の期待がゆだねられる形になる。しかし月9での失態により、今後はしばらく役者としてのオファーが舞い込む可能性は低いと思われる。音楽関係者から楽曲の制作は一定の評価は得ているため、今後は裏方の仕事に回る可能性もあると示唆する声もあるという。

 結婚を機に好感度が大きく左右されたことで、“未婚ブランド”が絶大なファンの支持を得ていたことが明らかになってしまった福山。まだまだこの余波は収まりそうにない。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

関連記事(外部サイト)