伊野尾慧は氷山の一角?ジャニーズとセクシー女優の密会報道が相次ぐワケ

伊野尾慧は氷山の一角?ジャニーズとセクシー女優の密会報道が相次ぐワケ

Photo by The artist (formerly) known as Gene

 Hey! Say! JUMP・伊野尾慧(26)の女性スキャンダルが波紋を呼んでいる。伊野尾慧は9月27日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)にて、セクシーアイドルグループ・恵比寿★マスカッツの明日花キララ(27)とのツーショットがキャッチされた。掲載された写真は、今年1月に2人が滞在していたシンガポールのホテルで撮影されたもの。屋上プールにいる二人の姿は、髪形や服装などから本人たちと確認できる写真になっている。

 この報道を受け、明日花は自身のTwitterで交際を否定。伊野尾の名前こそ出さなかったが「お相手の男性とはお話していただけで、交際の事実も一切ないです」と弁明した。また伊野尾サイドも、ジャニーズ事務所が交際の事実を否定するコメントを出している。

 こうした明日花本人のコメントや、後追い取材で2人とも別のメンバーと現地に来訪していることから、事態は“火遊び”という形で収束の流れも見せつつあるが、伊野尾ファンの中ではさまざまな意見が飛び交っている。

 伊野尾は現在バラエティやドラマなどに出演、レギュラー番組も複数持っており、今やジャニーズファン以外からの注目度も高い。そのため今回のスキャンダルについても、擁護派と否定派に分かれているようだ。

「それだけ有名になったってことじゃない?」「遊びたい盛りだし、オフくらい羽を伸ばさせてあげなよ」という擁護派の声もある。しかし、反対派を占める旧来の伊野尾ファンからは、「せっかく売れて来たのに」「仮に話しているだけでも、見られてるってことを意識しなきゃ」といった意見があがっている。

 古参ファンとしては、ようやく到来したブレイクに対する影響を懸念する気持ちが大きいようだ。

■今後もスキャンダルは止まらない?

 伊野尾に心配の声が寄せられる一方、明日花には批判的な声が集まっている。特に売名行為に関する声がやまないという。明日花本人は前述のTwitterで、売名についても否定をしている。しかし、それはあくまで表向きの対策でしかないと関係者は語る。

「今回の騒動が発覚後、明日花のTwitterアイコンが物議を醸しました。騒動を機に、明日花のアイコンは本人写真からイラストに変わりました。しかし、このイラストの端には伊野尾の誕生日が書かれていたのです。これをみた伊野尾のファンたちが、あからさまだ、挑発的だと怒りをあらわにしたのです」(芸能記者)

 大胆な行動に出た明日花だが、関係者によると、今後しばらく明日花はこのネタをちらかせるのではと予想している。そして今回のスキャンダルを他人事で片付けられないジャニーズタレントもいるという。

「こうしたセクシータレントと交遊を持つ所属アイドルは、伊野尾だけではないようです。特に最近、若手ジャニーズタレントのスキャンダルが目立っています。そのため、明日は我が身と発覚を恐れ、もみ消し方を模索しているタレントも多いようですよ」(前出・記者)

 今後、芋づる式で次なるスキャンダルが発覚するのも時間の問題なのかもしれない。 

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)