ベッキー再起の日に?ゲス川谷が”未成年恋人”とリゾート旅行発覚

ベッキー再起の日に?ゲス川谷が”未成年恋人”とリゾート旅行発覚

Photo by The artist (formerly) known as Gene

 “文春砲”がまた炸裂した。ベッキ―(32)と不倫騒動を起こしたゲスの極み乙女。川谷絵音(27)と新恋人のモデル・ほのかりん(19)との“お泊まりデート”を報じたのだ。9月29日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、2人の出会いは夏頃で、双方の所属事務所も交際を認めているという。

「ベッキーは川谷との不倫関係が明るみになったことで、芸能活動を一時休業。莫大な違約金を負ったと言われています。会見を開くなどして復帰を果たすも、現状ではなかなか仕事が来ず、苦しい状況。一方、川谷は妻とは離婚しましたが、公の場できちんと謝罪しないまま普通にバンド活動を続けてきた。そんな中で発覚したのが新恋人なんです。8月発売の『週刊女性』が川谷と美女の2ショットをキャッチ。新恋人か、と注目を集めていましたが、今回その美女がまだ10代の、ほのかであることが発覚しました」(スポーツ紙記者)

 ほのかりんとは何者なのか気になるところだ。彼女はティーン向け雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルを務めていたほか、現在は『Rの法則』(Eテレ)に“R's”としてレギュラー出演中。『週刊文春』によると、彼女は9月23日深夜に川谷の住むマンションにお泊まりし、翌日にはゲス乙女メンバーやR's仲間ら計8名を伴って旅行に出掛けたという。

「川谷は彼女達と栃木県・鬼怒川で最高級の『星野リゾート』に宿泊。充実した時間を過ごしていたようです。今年初めに不倫を報じられた人間とは思えないほど“リア充”ぶりといいますか……ベッキーの現状とは違いすぎて驚くばかりです」(前出・記者)

 川谷が新たな恋愛を楽しんでいる影で、ベッキーは“以前には考えられなかった仕事”を決意していた。

■ベッキーが魅せた再起の上半身ヌード

 音楽業界関係者が語る。

「29日付の『日本経済新聞』朝刊に掲載された宝島社の広告で、ベッキ―は再起の上半身ヌードを披露しているんです。バックショットではあるものの、お堅いイメージでやっていた彼女からすれば思い切った決断。こうした仕事も受け入れていかなければならない状況、とも言えます。そう考えると、川谷はほとんど痛い目を見ていません。現在もエントランスにグランドピアノが置かれている、港区の高級タワーマンションに住んでいる。今回報じられた旅行も、移動はすべて運転手付きの事務所の車だったとか」

 若い彼女をゲットして鬼怒川デートと、不倫の代償は一切感じさせない川谷。対象的な元不倫関係の両者は、どこまで明暗が分かれるか。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)