テイラー・スウィフト、カルヴィン・ハリスとの関係が修復

テイラー・スウィフト、カルヴィン・ハリスとの関係が修復

カルヴィン・ハリスとテイラー・スウィフト、関係が修復?

 スコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(32)とアメリカ合衆国の歌手テイラー・スウィフト(26)が仲直りをしたようだ。約1年間の交際期間を経て6月に破局した後、カルヴィンの楽曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』の作曲にテイラーが極秘で参加していたことが明らかになったことでさらにその関係が悪化していた2人だが、どうやらまた親しい関係へと戻ったと見られている。

 複数の関係者たちはTMZに、テイラーがトム・ヒドルストンとの短期間の交際を今月になって終えた後間もなくして2人が携帯でメールを交換するようなったと話しているものの、どちらが先に連絡を取ったのかに関しては明らかになっていない。関係こそ修復した2人だが、復縁の可能性はないようで、電話で会話したり直接会ったりすることはないと言われている。

 先日カルヴィンはテイラーとの破局があまりにも公に取り上げられていたことに困難を感じていたと明かしていた。

「自分はとても個人的なものだと思っていることが、すごく公共の場で取り上げられるっていうのはすごく難しいことだよ」「破局後の顛末のほうが付き合っている時よりも大きな話題になるんだからね」「付き合っている時は、報道合戦に巻き込まれないようにすごく気を付けていたんだ」「彼女はそういう意味で僕の感覚を尊重してくれていたからね」

関連記事(外部サイト)