カニエ・ウェスト、またもやテイラー・スウィフトを罵倒

カニエ・ウェスト、またもやテイラー・スウィフトを罵倒

カニエ・ウェスト、またもやテイラー・スウィフトを攻撃

 ラッパーのカニエ・ウェスト(39)が「セイント・パブロ・ツアー」のナッシュビル公演中にテイラー・スウィフト(26)を攻撃した。2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで、テイラーが壇上で受賞スピーチしている際にカニエが割り込んで批判を展開してからというもの、争いを続けている2人だが、今度は同市のブリヂストン・アリーナで先週末に行われたコンサートでカニエが観衆に向かって「くそったれテイラー・スウィフト」と繰り返すよう呼びかけた。

 今年リリースして物議を醸した楽曲『フェイマス』のパフォーマンスにさしかかったときには、カニエは同曲の「俺とテイラーがまだセックスするかもしれないって感じる。あのビッチを俺が有名にした」という一節を3度も繰り返すよう観衆を促し、攻撃的な態度をとった。

 さらに、ナッシュビルはカントリーミュージックの本場でテイラーにゆかりある土地であることから、カニエは「ナッシュビルで大きな音でこれを俺は聞く必要がある。ナッシュビルではでっかい音で聞く必要がある」と強調した。

 この問題の歌詞において、テイラーは使用を認めていないと主張していたが、テイラーがカニエに歌詞などの使用を認めるような発言をした電話の録音会話をカニエの妻キム・カーダシアン・ウェストが公にしていた。

関連記事(外部サイト)