伊野尾&キララは序の口?ジャニーズとセクシー女優”熱愛発覚”の系譜

伊野尾&キララは序の口?ジャニーズとセクシー女優”熱愛発覚”の系譜

Photo by danielmviero.com

 ジャニーズ事務所の人気グループHey! Say! JUMP・伊野尾慧(26)と、セクシー女優の明日花キララ(28)の海外デートの様子を、9月27日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じたこいとで、ファンは悲しみに明け暮れている。同誌によると、2人は今年1月に、シンガポールの高級ホテルで密会。屋上プールでイチャつく様子を激写されていた。同日、ジャニーズ事務所は交際を否定するコメントを出したものの、「現地で偶然会った」と回答したことから、本人同士がそこにいた事実は肯定する結果に。ファンは、これにもショックを隠しきれなかったようだ。

 一方の明日花はその頃、Twitter上で不穏な動きを見せている。同記事がネット上であがった26日時点では、本人の写真だったアイコンが、突如イラストの画像に変更。そこには伊野尾の誕生日である「6.22」の文字があり、それに気づいたJUMPファンからのバッシングが相次いだ。その反響があまりに大きかったのか、27日夕方頃には真っ黒のアイコンに。その後、デフォルトである卵アイコンに戻し、現在までそのままとなっているものの、一部で様々な憶測を生んだことは間違いない。

 また、同日Twitterで「誌面にも出ている通りお相手の男性とはお話ししていただけで、交際の事実も一切ないです」と釈明のコメントを出し、事態を収束に向かわせようとしたものの、この明日花の一連の行動には疑問だけが残った。一説には、こんな声もある。

「昨今ジャニーズタレントと交際する女性に多く見られた“交際アピール”を、明日花も大々的にしようとしたのでしょう。アイコンへの反響があまりに大きく、関係者から大目玉を食らってしまい、泣く泣く変更したようです。所属事務所への圧力というのも、ジャニーズサイドから掛かった可能性が高いですね」(芸能記者)

 今回の報道で、改めて浮き彫りになったジャニーズタレントとセクシー女優の関係だが、何も今に始まったことではない。

■セクシー女優とジャニーズの関係が増えるワケ

 2010年に自殺したAYA(享年30)は、嵐のメンバーほとんどと関係があったと『週刊文春』(文藝春秋)が報じたほか、元KAT-TUN・田中聖(30)も倖田梨紗(30)との親密交際が報じられている。さらにV6・森田剛(37)も、美雪ありす(29)と一時同棲まで噂されていたが、当時本人・事務所共に否定しており、現在でも“継続説”・“破局説”が度々持ち上がっている。

 このように、これまでも過去にセクシー女優と関係が暴露されたジャニーズタレントは多く存在しているのだが、当然のごとく全て否定されている。しかしスキャンダルが報じられてもなお、今後ジャニーズタレントとセクシー女優の関係が、さらに増える可能性があると指摘する関係者もいる。

「今回のような報道が出るたびに、ジャニーズタレントとの関係を羨むジャニオタが多いのは事実です。驚くべきことなのですが、ファンでいるよりはセクシー女優になった方が早いのではと開き直って、この道に来る女性が徐々に増えているんです」(アダルト業界事情に詳しい関係者)

 これまでは何かと裏の存在だったセクシー女優も、昨今では地上波の番組に出演することも多く、徐々に表の活動が増えてきている。ジャニーズファンのセクシー女優が、そっとジャニーズタレントに近づき関係を持つ。そんなケースが、今後は増えるのかもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)