AKB48と同レベルだった?データで読み解く”嵐人気の虚実”

AKB48と同レベルだった?データで読み解く”嵐人気の虚実”

Photo by kulimpapat

 SMAPの解散に伴い、ジャニーズ事務所の実質トップに躍り出るのは嵐だ。TSUTAYAが運営するTアンケートでは最近、興味深い統計データが弾き出された。

「SMAPの代わりになりそうなグループは? との質問に対して出た答えのトップは『代わりはいない』が43.5%を占めた。嵐と答えた人は38.3%でジャニーズでは1番ですが、世間的に『SMAPはオンリーワン』という思いが強いようです。コンサートの動員力は目を見張るものがありますが、ファン層と世間一般の評価は多少の乖離が見られ、嵐の人気がそれほどでもないという現実を感じます」(エンタメ誌編集者)

 2016年8月にビデオリサーチが行った男性タレント人気調査では、相葉雅紀(33)がトップで16位、25位に櫻井翔(34)、31位に大野智(35)、34位に二宮和也(33)、そして松本潤(33)は50位圏外。嵐は予想外に下位の結果に甘んじた。しかし、これはメンバー個人での話。5人が集まる「嵐」というグループになると、また話は別だと広告代理店関係者は話す。

「嵐は単独売りよりも、グループ、またはコンビなどのセットが魅力です。メンバーの仲の良さを強調することもできるし、CMでは魅力的に商品をアピールできる。企業をクライアントとして考えた場合、嵐の明るさとさわやかさにはとてつもない価値がある」

 確かに、嵐のCMにはメンバーが何人かで出ているパターンが多い。しかし、それは裏を返せば、単独では弱いと言えるのではないか。そこで浮かんでくるのが同じようにソロ組の苦戦が伝えられる国民的アイドルグループの存在だ。

 

■AKBよりもお金がかかる嵐ファン

 2016年に博報堂DYメディアパートナーズと博報堂が共同プロジェクトで算出したデータに「リーチ力・支出喚起力ランキング」がある。リーチ力とは、コンテンツが到達できる人数。簡単に言ってしまえば、どれだけ魅力があり、CMやPRに活用できるかを表した指標だ。

 リーチ力ランキングは1位『進撃の巨人』、2位『ONE PIECE』など、マンガや映画が占める。そんな中、嵐は9位にランクイン。芸能人でTOP10にランクインしたのは、同率9位の「AKB48」のみだ。つまり嵐とAKB48は、CMやPRに起用した場合の影響力は同じ、と言う結果である。

 より興味深いのは「支出喚起力」のデータだ。これは、ファンがそのコンテンツにいくらお金を使うかというもの。そのランキングではAKB48は圏外で、トップは嵐が獲った。しかも嵐は734億円で、2位のラブライブ!・439億円に大きく差を付けている。

「このデータから、嵐の人気や知名度はAKB48と大差はない。けれどコアファンがかなりの金額を支出していることが読み取れます。特典つきCDなどでファンから搾取をするイメージが強いAKB48ですが、実は嵐がもっともファンからの集金率が高い」(前出・編集者)

 さしずめ、ジャニーズ事務所は安泰か。だが、ファンの手前、事務所はますますメンバーの結婚を認めづらくなりそうな気配も。SMAPで木村拓哉(43)が“抜け駆け婚”してメンバー間に亀裂が入ったが、歴史は繰り返す、とならなければ良いが。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)