プリンスの骨壷、ミネソタ州の自宅ミュージアムで展示が開始

プリンスの骨壷、ミネソタ州の自宅ミュージアムで展示が開始

プリンスの骨壷、自宅ミュージアムに展示

 プリンス(満57歳没)の骨壷がペイズリー・パークの自宅で公開された。先日ミュージアムとしてオープンしたばかりのミネソタ州にあるプリンスの自宅で、4月に死去したプリンスの灰の入った骨壷の展示が開始された。

 プリンスの妹タイカと甥プレジデント・ネルソンによってデザインされたその骨壷には、7つのクリスタルが装飾され、ペイズリー・パーク、ヤマハの紫のピアノ、白いハトが描かれているという。

 ミュージアムでは、プリンスが数々のヒット曲をレコーディングしたスタジオなどを回るメインフロアの新ツアーを行っており、プリンスが得た数々のアワードの一部や、コンサートの衣装、レアな音源や映像に加え、楽器などに接することができるようだ。

 プリンスの遺産管理を行うブレマー・トラストは、プリンスの妹タイカ・ネルソンとこのツアーの合意に至ったと以前発表し、タイカは「オープニング・ペイズリー・パークは、ずっとプリンスがやりたかったことであり、積極的に取り掛かっていました」と声明を出していた。

関連記事(外部サイト)