愛之助を支えられるのか?藤原紀香“梨園の妻”とは思えぬ仕事ぶり

愛之助を支えられるのか?藤原紀香“梨園の妻”とは思えぬ仕事ぶり

Photo by ai3310X

 藤原紀香(45)が女優として、タレントとして忙しい日々を送っている。10 月3日に夫である歌舞伎役者・片岡愛之助(44)の主演舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON』で“梨園の妻”デビューを果たしたかと思えば6日には、『虹の架け橋まごころ募金コンサート』に司会として出演。さらに翌7日には『台湾エクセレンス』のPRイベントにも出席し、あでやかなロングドレス姿を披露した。梨園妻として愛之助を支えるどころか、今が稼ぎ時とばかりに仕事を受けまくっているようだ。

「本人のブログによれば、来年2月には出演映画『サバイバルファミリー』が公開され、同月から『にっぽん演歌の夢祭り2017』で全国主要都市を行脚する予定とのこと。本人も芸能活動をやめる気はまったくないようです」(スポーツ紙記者)

 しかし、当の藤原は結婚後のブログで「彼が情熱を注ぎ続ける歌舞伎界の仕事を支えることが私の最優先」と綴り、自身の芸能活動については「その生活の中での出来る範囲」と表明していた。それだけに彼女の行動には疑問が残る。

「藤原も梨園の妻としてグレードアップに成功し、仕事のオファーも引っ切り無しの様子。今は梨園について学ぶことが山ほどある時期ですが、本音としては稼ぎ時を逃したくないのか表舞台から引っ込む雰囲気は感じられません」(前出・記者)

 需要があるのは藤原のタレントの価値を示している証拠。とはいえ梨園の妻という重責とタレント業の両立ができるのかは本人の努力次第。藤原の今後に注目が集まっている。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)