第二のmisonoか?坂口杏里が”暴言連発”で芸能界追放の危機

第二のmisonoか?坂口杏里が”暴言連発”で芸能界追放の危機

Photo by Pixabay

 坂口杏里ことANRI(25)のまわりがどうも騒がしい。坂口杏里は芸能タレントからセクシー女優へ転身後、ネット上で問題発言を次々展開。ファンや芸能界のひんしゅくを買い、かつてのmisono(32)を彷彿とさせる状況だ。

■元事務所のタレントにケンカ売る

 所属事務所を退社した坂口は10月1日、アダルトメーカーの「MUTEKI」から『芸能人ANRI What a day!!』をリリース。「ANRI」と名を変えてTwitterを展開すると、問題発言を連発して話題になっている。

 10月10日には、9月に『上沼・高田のクギズケ!』(日本テレビ系)で「唯一連絡を取り合っていた後輩」と話していた重盛さと美(28)に対し、「(連絡を)取ってなかった」「腹黒い」と爆弾発言。重盛の所属するガールズユニット「LLS」で活動するメンバーの一人・ROSEとTwitter上でケンカに発展した。口論になった末、ROSEが「ちゃんと退社もしていないのに休暇が欲しいって嘘ついて自分の借金のために勝手にAVに出て…騙された事務所のマネジャーさん達みんな悲しんでますよ!」「事務所もみんな(坂口が)嘘つきだから迷惑してます」と怒りをぶちまけている。

 10月12日には、重盛本人がブログで「私は、こう伝えてと言われた事実文言をそのまま喋る事しか出来ないビビり」と“ネタばらし”。「自分の考えだけで誰かの何かを暴露したり嘘つく勇気はない小心者」であると話し、坂口に「お互い頑張りましょう」とエールを送った。

「坂口さんが『腹黒い』とツイートしたことは、重盛さんが『クギズケ』で借金を抱えていた坂口に関して事情をペラペラしゃべってしまったことも影響している模様。あとはニュースの通りの泥仕合」(芸能関係者)

 ただ坂口の数々の発言には、一部ファンもついていけない様子だ。

 10月6日に坂口はAV業界で「トップになる」と発言するも、その後9日に「私はAVだけじゃなくて、カラコンのイメージキャラクターや、何かいろんなイメージキャラクターがやりたかったり、グラビアやりたかったり、AVだけじゃなくていろんな事がしたいの。それが今の夢!」とツイート。さらに「このままAVだけずっとやるのは私の夢じゃない」と心境を明かすとコメント欄が「無理だ」「頑張って」と賛否真っ二つ。

 10月8日には恵比寿マスカッツに「入りたい」とツイート。こちらは12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したおぎやはぎの小木博明(45)に「うちのセクシー女優たちは、もっとレベルが高いですから」と坂口のグループ加入を拒否されている。

 さらに10月10日、元恋人のバイきんぐ・小峠英二(40)が坂口に「トップを取って頂きたい」とエールを送って話題になると、「朝ことぅーげに、なんか色々ネタにされてて迷惑かけてごめんねって送ったら、全く気にしなくていいから頑張ってねーって。本当に優しい…迷惑かけてるのに感動した…」と連絡をとったことを報告。ここでも「迷惑かけてるのか分からないのか?」「応援してる」などと賛否が吹き荒れた。

「坂口さんは思ったことをすぐ口に出してしまうようで、芸能人やファンを巻き込んでいく様はまるでmisonoさん。関わった人間がしこりを残したり、ファンの怒りを誘う状況も似ています。まわりにケンカを売りすぎて、評価を落とさなければ良いですが」(前出・芸能関係者)

 かくいうmisonoは2015年9月、スマホ向け番組『YOSHIとゆかいな仲間達』で「クソとは付き合えへん」と嫌いな芸能人について言及。2016年春にも『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)を通じて吉木りさ(29)とケンカ騒動を巻き起こした。

 AV女優としてのキャリアをスタートさせたばかりの坂口は、ファン納得の活躍を見せることができるのか。はたまたmisonoに負けない大炎上をいつか巻き起こすのか? くれぐれも芸能界を追放されることがないよう気を付けてもらいたい。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)