SMAP解散でファン離れ加速?ジャニーズのビジネスモデルに限界説

SMAP解散でファン離れ加速?ジャニーズのビジネスモデルに限界説

Photo by Pixabay

 SMAP解散問題に揺れるジャニーズ事務所で、今度はKinKi Kidsをも巻き込んだ騒動に発展しているという。

 KinKi Kidsは今年CDデビュー20周年イヤーに突入し、9月29日から11月2日にかけて、アリーナツアーを行っている。さらに12月22・23日、年明け1月1・2日にも、ドーム公演の開催が発表された。これだけ聞けば、ファンからしても嬉しい知らせであるはずなのだが、このアリーナツアーの落選者に対するチケットの返金対応がずさんだと騒がれているのだ。

 関係者によると、チケット申し込み金の返金処理を行うための“払出証書”が「まだ届いていない」という購入者や、複数の公演に落選したのに1枚しか返金用紙が来ないなど、返金に関するトラブルや不満の声が、ネット上で相次いでいるという。

「事務局側からしても、確かに申込者全員に返金対応を行うだけでも膨大な事務作業。ただ、抽選漏れの預かり金をもって、そのまま別の公演を案内するなども行なっているようで、それは異例の事態です。一部では、SMAP解散についての対応に追われ過ぎで、スタッフの手が足りてないと指摘する声も挙がっており、ファンからの不満も爆発している状態です」(芸能関係者)

 ジャニーズ事務所への信頼は、もう落ちるところまで落ちているのかもしれない。

■非難轟々の殿様ビジネス

 そもそも、ジャニーズ事務所のチケットシステムというのは、見方によっては利権の塊にも見える。もはや一般発売など行われない、ジャニーズ所属タレント達のコンサートチケットを購入するためには、年会費を払ってファンクラブに入らなければならない状況だ。

 それでも抽選が当たる確率は低いため、家族の名義を使って複数の会員名義を持つファンも少なくないという。本来であれば、あまり歓迎されるべきではない“手口”なのだが、すでにその恩恵に大きく授かっているジャニーズは黙認状態だ。

「大きく見るとファンクラブの年会費のみですが、例えばチケットの申し込みは、事前振り込みにも関わらず、抽選に漏れた後の返金には“返金手数料”が発生します。購入者はライブイベントに参加できないにもかかわらず、手数料を支払うことになる」(前出・芸能関係者)

 このような“殿様商売”ぶりに、これまでも度々ファンからの怒りを買っていたジャニーズ。その上、今回の対応のマズさがあっていよいよファンの堪忍袋も限界のようである。SMAPの解散騒動以降、ファンの失望を買い続けているジャニーズ事務所は、今後、信頼を回復する日はくるのだろうか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)