SMAP分裂で絆は崩壊?中居正広に迫る”第二のキムタク化”危機

【SMAP分裂騒動】中居正広、ジャニーズ事務所残留で”第二のキムタク化”危機

記事まとめ

  • 9月にはジャニーズとの契約期限を迎え、木村拓哉は契約を更新するとされている
  • 草なぎ剛と香取慎吾はジャニーズ退社の意思を固めているとされ、稲垣吾郎は未定
  • 中居が残留すれば、工藤静香に説得されジャニーズに寝返った木村と重なるとの見方も

SMAP分裂で絆は崩壊?中居正広に迫る”第二のキムタク化”危機

SMAP分裂で絆は崩壊?中居正広に迫る”第二のキムタク化”危機

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 元SMAP・中居正広(44)について、マスコミの間では「今後もジャニーズ事務所を離れない」という情報が有力化しつつある。そうなると「“独立組”の中居を見る目も変わっていくだろう」(スポーツ紙記者)と言われている。

「昨年の騒動を経て、今年から個人活動に切り替わった元メンバー達ですが、9月にはジャニーズとの契約期限を迎えます。木村拓哉(44)は契約を更新するとされていますが、それ以外のメンバーは更新か退社か、6月中には意思決定して事務所に伝えるとみられています」(前同)

 以前は、中居が独立派の中心とされ、事務所離脱の可能性が高いと言われていた。しかし、最近の中居は周囲に独立を否定しているといい、中居のジャニーズ残留説を肯定する業界関係者も増えているようだ。

「これまでは“木村vs独立組”の構図が取り沙汰されてきましたが、中居が残留派に加われば、その構図だけでなく、メンバーの関係性も大きく崩れることが心配されている。稲垣吾郎(43)については、今のところ進路がハッキリしていないものの、草なぎ剛(42)と香取慎吾(40)はジャニーズ退社の意思を固めている。そんな2人にしてみれば、結果的に『反旗を翻して残留』する中居は、独立に動くも工藤静香(47)に説得されジャニーズに寝返った昨年の木村と重なるのではないか。香取は騒動を機に木村に不信感を抱いたなどと報じられていますが、今後は中居に対しても心を閉ざしかねません」(芸能関係者)

■SMAP分裂報道で中居人気に早くもかげり?

 また、中居のジャニーズ残留は、「世間からもネガティブイメージを持たれるきっかけになりそう」と指摘する声も。

「『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が今年4月24日からゴールデンタイムに進出し、さらに生放送番組にリニューアル。この動向からも、テレ朝が『中居の独立はない』と確信したことが分かりますが、生放送初回の平均視聴率は7.6%という残念な結果に。5月22日には5.7%の悲惨な数字で業界内外を騒然とさせており、関係者の中には『中居が嫌われていくことへの予兆では?』と心配する者もいました」(前出・スポーツ紙記者)

 木村は世間から“裏切り者”扱いを受けたが、中居も今後同じ道を辿るのだろうか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)