本音は女性陣のリストラ?E-girlsがAmi脱退で新体制発表の深層

本音は女性陣のリストラ?E-girlsがAmi脱退で新体制発表の深層

Photo by Lara Cores(写真はイメーシ?て?す)

 E-girlsのAmi(29)が6月4日、グループを離れソロ活動に専念することが報じられた。同時にDream、Happiness、Flowerの3ユニットから成るE-girlsそのものも再編が行われ、総勢19名いたメンバーの8人が離脱。今後は11人体制となり、ソロ活動となるAmiや他の関連グループも束ねた新体制「E.G.family」として始動していくことが報じられた。彼女たちの所属事務所にあたるLDH JAPANは、昨年8月からメンバーとスタッフが熟考を重ね、「一人ひとりが夢に向けて動き出す時」として決断したコメントを出している。

 Amiの脱退やグループとしての新たな体制に、ネット上では「E-girlsにとってはかなり痛手なのでは」「ファン以外からすると、E-girlsはAmiのイメージが強かったからなぁ」といった声があがっている。確かに金髪がトレードマークであったAmiは、大所帯グループの中でも露出が多く、知名度が比較的高いメンバーでもあった。そのため、中には「もう誰が誰だかわからなくなってしまった」「安室奈美恵(39)が抜けたスーパーモンキーズ(現・MAX)を彷彿とさせるな」といったコメントも。このような新体制にはどのような理由があるのだろうか。

「いわゆる同じくLDHに所属するEXILEと同じ体制をイメージしたものでしょう。EXILE TRIBEの中に、EXILEや三代目J Soul Brothers、GENERATIONSらがいる。こうして小ユニットをいくつも作ってっておくことで、大グループでも小グループでもイベントが敢行できるというメリットがある。E-girlsに関しても人気格差がある女性アーティスト全体を束ね、E.G.familyとして再編成してくようです」(芸能記者)

 この新体制が、今後グループやLDHにとってどのような影響をもたらすかにも、注目が集まることになりそうだ。なぜなら今回の新体制発表にはLDH側の本音が見え隠れしているからだ。

■LDHの本音は断捨離?今後は男性マネジメントを強化か

 一方でこのようなグループ組織の再編成には、マネジメントするLDH側の本音もあるのではないかと言われている。

「一部のメンバーが個別で知名度をあげている男性陣と比べると、LDHの女性陣は知名度に劣る印象が強い。辛うじてグループ名だけがわかるというのが正直なところ。思ったように売り上げに直結していないとも。LDHはそもそもがEXILEをはじめ、男性アーティストを主体に土壌を固めてきた部分があるため、女性アーティストのマネジメントには苦戦している。今後、女性陣をコンパクトにマネジメントすることで、男性アーティストに注力したいという意向があったのでは」(前出・記者)

 LDHといえば昨年は元社員による会社の実情の暴露や、レコード大賞をめぐる問題などが報じられてきた。“超体育会系”とも言われている社内においても、管理体制に限界が来ているのかもしれない。また記者は、このような状態はソロ活動になったAmiにも受難が降りかかるだろうと語る。

「Ami自身も現状として、世間的にはメジャー度が高いわけではありません。それを知ってのソロ活動だとは思うのですが、事務所が女性アーティストを束でマネジメントするような流れの中で、放置されてしまう可能性もあります。LDHでは先月もソロ歌手で活動していた塩ノ谷早耶香(23)が引退したばかり。本人はやりたいことをやり尽くしたといっていますが、一方でLDHが女性タレントを育成しきれなかったのではという声もあります」(前同)

 今後ソロ活動を行うAmiが、塩ノ谷同様に「燃え尽き症候群」で引退を宣言しないことをファンとしては見守るしかなさそうだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)