前向き発言が唯一の救い?香取慎吾”CM1社のみ”の先行き不安

前向き発言が唯一の救い?香取慎吾”CM1社のみ”の先行き不安

前向き発言が唯一の救い?香取慎吾”CM1社のみ”の先行き不安(写真はイメージです)

 昨年年末に解散した元SMAPのメンバー、香取慎吾(40)のCMが新たに終了し、残りの契約は食品メーカーの一社だけとなった。香取は芸能界にあまり未練がなく、新規の継続的な仕事を入れていないといわれている。この6月は、9月のジャニーズ事務所との契約更新を控え、進退の提示をする必要がある重要な月であることから、メンバーの動きに注目が集まっている。

 6月7日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)では、1997年に香取が津軽地方の子どもたちのために津軽鉄道の列車に描いた絵を、自ら修復する模様が放送された。同番組では「自由、本当に好きなんだな。何に縛られてるんだよ。なんでそんなに羽ばたこうとしてるんだよ。でも結構自由にやれたよ。20年」と自身の20年をしみじみと振り返っている。

「番組では触れられませんでしたが、過去の報道をまとめるとこの20年、香取は横浜に一軒家を買い、セキュリティのため都心の高級マンションに引っ越して、現在はそこで暮らしているとされている。番組で香取は“20年恋人”のことなど、プライベートな内容も振り返っていたのではと話題になっています。それと同時にどこかすっきりした表情だったことから、もう芸能界に未練はないのではといった芸能界引退を心配する声もあがっている」(週刊誌記者)

 香取は4月に『週刊文春』(文藝春秋)により、隠し子疑惑の報道と20年来の恋人の存在が明らかになった。しかし、香取は『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)の生放送で『友だちの子供なんです』と疑惑をきっぱりと否定。その態度にファンはがっかりするどころか、『もう結婚させてあげて』『20年も待つなんて私には無理』などの同情の声があがっている。SMAPも解散し、露出が少なくなった現在、香取には自由に生きてほしいという声が日増しに高まる状況だ。

「中居正広(44)や木村拓哉(44)など元SMAPの他メンバーは今年後半の出演情報や新規プロジェクトが続々発表する中、香取だけはCM契約の満期終了など明るい話題が聞こえてこない。7日放送の『おじゃMAP!!』では『これから先も頑張るためにはやっぱ、今日来るべくして来たのかな』『ちょっと、できるとこまでキレイにしないと。これから先進めない』などと今後を示唆する前向きな発言があったのが唯一の救いです」

 香取が津軽鉄道の列車に絵を描いてから20年。くしくも節目の年になったが、香取は今後の芸能人生をどう描いていくのか。その筆さばきに注目が高まっている。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)