小出恵介が”男女トラブル”で無期限活動停止…損害は数億円レベルに

小出恵介が”男女トラブル”で無期限活動停止…損害は数億円レベルに

Photo by Magdalena Roeseler(写真はイメージです)

 芸能界で立て続けに”淫行騒動”が続いている。慶大出身のイケメン俳優として知られる小出恵介(33)が、未成年女性との飲酒や不適切な関係に絡むトラブルで、無期限謹慎に追い込まれるスキャンダルが勃発した。

 9日発売の写真週刊誌『フライデー』では、小出から不適切な関係を迫られた女性の告発記事が掲載されることを受け、所属事務所が確認すると本人が事実を認めたため、俳優活動の無期限活動停止を発表。それと同時に10日から放送スタート予定だった主演ドラマ『神様からひと言〜なにわ お客様相談室物語〜』(NHK)も放送中止を決定。さらに森永乳業のコーヒー飲料ブランド「マウントレーニア」のCMも放送中止となった。

 芸能界では9日にも女子高生に現金を渡してわいせつ行為をしたうえ、着用していた下着を買い取ったとして「栃木のプリンス」と呼ばれる歌手・宇都ノ宮晃こと大友勝二容疑者(44)が逮捕されたばかりだった。

「小出の淫行疑惑は致命的です。CM契約に加え、NHKでの主演ドラマまで放送中止に追い込んだ。また、小出が出演していた映画『のだめカンタービレ 最終楽章』がNHK BSプレミアムで7月24、29日に放送予定だったがこれも放送中止に。7月スタートのドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)も降板が発表されるなど周囲に及んだ損害は数億円レベル。イケメンで押していた俳優が起こすスキャンダルでは最悪の部類でしょう」(週刊誌記者)

 小出は、相手の女性に対して謝罪するとともに「表に出る人間としての自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません」とコメントした。

「過去に淫行騒動を起こしたタレントは数多いが、不適切な関係を強要されたという告発では極楽とんぼの山本圭壱(48)以来となるケースです。最終的に和解していた山本でも復帰まで10年もかかっている。小出の場合、全面的に非を認めているので今後は本人との示談交渉となるだろうが、それで法的に解決したところで世間の目は厳しいはず。復帰まで数年はかかるでしょう」(前出・記者)

 文武両道を極めたイケメン俳優が起こした予想外の”淫行騒動”。本人が失った代償は限りなく大きい。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

関連記事(外部サイト)