嵐にドラマは無理?松本潤『99.9』続編にかかるグループ健在の証し

嵐の松本潤主演の『99.9』続編放送が決定 背景に櫻井翔、相葉雅紀主演ドラマの低迷か

記事まとめ

  • 『99.9』続編放送が決定し、松本潤、香川照之に加え、新キャストに木村文乃を迎える
  • 続編放送の背景に、嵐メンバーの櫻井翔と相葉雅紀が主演したドラマの低迷があるという
  • さらに、松本潤には葵つかさとの二股交際報道のイメージ払拭が課せられているらしい

嵐にドラマは無理?松本潤『99.9』続編にかかるグループ健在の証し

嵐にドラマは無理?松本潤『99.9』続編にかかるグループ健在の証し

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 人気ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)のシーズン2を2018年1月に放送することが9日に明らかになった。主演の嵐・松本潤(33)には、月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で爆死した相葉雅紀(34)の尻拭いと、セクシー女優・葵つかさ(26)とのゲスすぎる二股交際のマイナスイメージ払拭が課せられている。

 2016年4月に放送され、全話平均の視聴率が17%を超えた人気ドラマ『99.9』。松本演じる刑事専門弁護士・深山大翔やその仲間たちが、逆転不可能と思われる難事件に立ち向かい、0.1%の手がかりを追い求めていく姿を描いていく。そんな法廷ドラマのシーズン2が、TBS日曜劇場の記念すべき100作品目として放送される。松本本人も「ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!! 来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!」などとコメントしている。

■嵐のメンバーにドラマは無理?『99.9』続編で名誉挽回へ

 公式Twitterでも「99.9が来年1月、日曜劇場に帰ってきます! 今回は松本潤さん、香川照之さんに加え、新キャストに木村文乃さんを迎え、99.9 SEASONUとして放送!」と発表。同ツイートは1万9千件以上リツイートされ、ファンから「待ち望んでいたのでとてもうれしいです!!」「今から興奮して楽しみです」と様々な祝福の声を受けている。しかし、一体なぜこのタイミングなのか。あまりに早すぎるシーズン2開始に違和感は拭えない。

「1月3日に放送された同じ嵐メンバーの櫻井翔(35)主演の大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)が大きな期待を裏切り、8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に終わった。その汚名を晴らす予定だった現在放送中の『貴族探偵』は直近の5日放送回では自己ワースト7.0%の大コケで、グループそのものにマイナスイメージが広がりつつある。しかしジャニーズ事務所にとってSMAPが解散した今、看板グループの嵐が倒れることは絶対許されない。そこで嵐メンバーの出演作の中で最も数字が見込める『99.9』に白羽の矢が立った。新ヒロインにジャニーズ御用達女優の木村文乃(29)が起用されるあたりにも、ジャニーズの力の入りようが分かります」(報道関係者)

 だが松本といえば、昨年冬に、セクシー女優との4年にわたる秘密のゲス交際を『週刊文春』(文藝春秋)にスッパ抜かれたばかり。その後も、六本木の風呂付き居酒屋でCAと合コンに興じたことを報じられている。『99.9』シーズン1当時から明らかに人気は下降気味。ファンからは「松潤のドラマはもう見たくない」「何事もなくシレっと出てるのがすごい」との声も聞こえてくる。

「文春の報道以降、松本が報道陣の取材を受ける時には、周囲にピリピリムードが漂っている。『99.9』の新シーズンでは前作以上の数字を叩き出し、マイナスイメージを払拭したいというのが本音でしょう。とはいえ、同作でひたすら隠された真実を追い求めた深山に対し、実際の松本は真実をひたすら必死に覆い隠している。深山という役柄は松本の当たり役になったが、なんとも滑稽なコントラストが出来あがっており、来年の放送時もイジられるのは必至です」(前出・関係者)

 新生『99.9』は、再び視聴者の支持を受けて高視聴率を記録するのか。それともスキャンダルの余波で失速するのか。元SMAPの木村拓哉(44)同様に松本も、また嵐も真価を問われることになりそうだ。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)