関ジャニ∞錦戸亮の2ショット流出は序章?隠れた”遊び人”に不安感

関ジャニ∞錦戸亮の2ショット流出は序章?隠れた”遊び人”に不安感

Photo by Thomas Leuthard(写真はイメージです)

 関ジャニ∞・錦戸亮(32)と、韓国人女優コ・スジンとの2ショット写真が4日未明、ネット上に出回り波紋を呼んでいる。写真が掲載されたのは、コ・スジン本人のインスタグラムアカウントで、「Welcome to Seoul」のコメントと共に、錦戸らしき男性との2ショット写真がファンの間で発見され、SNS上で瞬く間に広まった。

 当初は「別人では?」との声があったものの、ホクロの位置が完全に一致していることと、この騒動を受けてコ・スジンが写真を削除したことから錦戸本人であることが濃厚となった。また、コ・スジン本人に直接DMで問い合わせたファンから、「錦戸のファンだった」「写真を載せてはいけないと知らなかった」という謝罪の返信を受けたとの報告もあり、今後この騒動がこれ以上大きく広がることはなさそうだ。しかし、簡単に2ショットの撮影に応じた錦戸に対して無防備さを指摘するも一部で声があがっている。

 そんな中、この騒動に冷や汗をかかされたのが、日本テレビ関係者だという。錦戸は、7月スタートの新ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)に主演が決定している。

「錦戸の夜遊び好きはよく知られ、六本木や西麻布あたりで深夜に千鳥足で徘徊する姿がなんども記者に目撃されている。無事にドラマをスタートさせたい関係者としては今回の2ショット騒動にかなり肝を冷やしたはず。周囲は新たなスキャンダルの流出を恐れていますから」(芸能記者)

 2014年に赤西仁(32)が六本木で一般人とトラブルを起こした際、現場に一緒にいたのは山下智久(32)と錦戸だったと報じられている。錦戸は新ドラマの成功でプライベートでの悪評を払拭することができるのか。お手並み拝見といったところだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)