小出恵介は酒癖が最悪?酒席で絡まれた吉本芸人から一斉ブーイング

小出恵介の酒癖をトレンディエンジェル斎藤司とブラックマヨネーズ小杉竜一が明かす

記事まとめ

  • 小出恵介が未成年女性との飲酒などで、明石家さんまプロデュースドラマが配信未定に
  • トレンディエンジェルの斎藤司は『直撃LIVE グッディ!』で小出の悪評ぶりを明かした
  • ブラックマヨネーズの小杉竜一は『バイキング』で小出に酒の席で芸を強要されたと告白

小出恵介は酒癖が最悪?酒席で絡まれた吉本芸人から一斉ブーイング

小出恵介は酒癖が最悪?酒席で絡まれた吉本芸人から一斉ブーイング

Photo by BrianMcguffog(写真はイメージです)

 芸人からの一斉に噴出する”酒癖悪い奴”の指摘に渦中の男はどう応えるのか? 写真週刊誌『フライデー』(講談社)9日発売号で、未成年女性との飲酒と不適切な関係を報じられた俳優・小出恵介(33)に対し、芸能界から悪評が噴出している。もはやこの男、業界に居場所はなくなってしまったのだろうか。

 芸能界を震撼とさせた小出騒動。フライデーでインタビューに答えた少女は対面時に17歳であることを小出に告げていたというが、それでも小出は開き直って不適切な関係に至ったというから悪質である。所属事務所は、報道前日に無期限の活動停止を発表。小出自身も事実関係を認め、「自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません」と謝罪コメントを発表した。

 小出が出演する森永乳業のコーヒー飲料ブランド「マウントレーニア」のCMは即日打ち切りに。また、主演が決まっていた10日放送予定のドラマ『神様からひと言〜なにわ お客様相談室物語〜』(NHK)は放送中止が決定。7月スタートのドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)も降板、同じく来月7日から配信予定だった明石家さんま(61)がプロデュースしたネットフリックスのオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』ではさんま役で出演していたが配信は未定という最悪の事態を招いてしまった。

「CMスポンサーへの違約金だけでなく、公開寸前だったドラマの放映中止も大きなダメージになった。当初は2〜3億円と予想された損害賠償ですが、最終的には10億円近くに膨れ上がりそうな勢いです。小出に請求される金額は膨大なものになり、関係各所にかけた迷惑を考えると、もはや芸能界への復帰は考えられない状況です」(スポーツ紙)

 そんな空気を敏感に感じたのか。小出のプライベート、とくに酒の席での評判の悪さが次々に露呈している。なぜか情報の発信源は吉本興業のお笑い芸人という共通点がある。トレンディエンジェルの斎藤司(38)は9日、『直撃LIVE グッデイ!』に出演し、「なんとなく評判を聞いてたんですね。お酒が入るとちょっとこう(酒癖悪く)なっちゃう、みたいなのを……」と口ごもりながら、「後輩が飲んでて、『ちょっとやれよ〜』みたいなの(芸の強制)をされたって聞いていた」と小出を悪評ぶりを明かした。さらに12日、ブラックマヨネーズの小杉竜一(43)は『バイキング』(フジテレビ系)にて、小出に酒の席で芸を強要されたことを告白している。

「小出の一件で、『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』の公開が不透明となった吉本興業側は怒り心頭になっているとも。こうした悪評が次々出てくるのはよっぽど嫌われていたということ。もはや小出の芸能界復帰はないと見て、吉本芸人たちが暴露しているのでしょう」(前出・記者)

 明石家さんまのみならず、中堅芸人にもさんざん迷惑をかけていた小出。芸能界復帰を果たしたとしても肩身の狭い思いをしそうである。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)