中居正広が心変わり?SMAP3人が退社意向で9月に完全分裂へ

中居正広が心変わり?SMAP3人が退社意向で9月に完全分裂へ

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 SMAP元メンバーの移籍が現実味を増してきた。6月13日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が、香取慎吾(40)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)の3人がジャニーズ事務所側に今月5日、退社の意向を伝えたと報じた。

「SMAPの契約更改は9月ですが、3か月前の毎年6月に契約継続の意思確認を行うのが通例。月初めに早速、退社を申し出たということは、移籍への強い決意が込められていると考えられます」(スポーツ紙記者)

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での公開処刑、移籍に同調するはずの木村拓哉(44)の翻意、母親代わりだった元チーフマネージャーの飯島三智氏(60)の退社、後味の悪い年末の解散──。こうしたトラブルで、3人が事務所側に強い不信感を抱いたのは周知の事実であり、退社を選んだのは自然の流れと言える。

 だが、ここに重要な人物が欠けている。SMAPのリーダーとして移籍を主導したとされる中居正広(44)が退社組に名を連ねていないのだ。

「中居はSMAP解散後も新規の仕事が飛び込むなど事務所から厚遇を受けている。また、恩義のあるジャニー喜多川氏(85)や“中居組”とも呼ばれる周辺の関係スタッフに配慮し、移籍に及び腰になってきたようです」(前同)

『週刊女性』は、事務所側が中居に対して、9月の契約更改まで判断を待つと譲歩するなどギリギリの慰留工作を続けていることを伝えている。判断がブレる中居には、メンバーからの不満が噴出しつつあるようだ。

■中居正広の言動はSMAPメンバーも理解不能?

 SMAP解散後に心変わりした中居。それに対して不信感を露わにしているとされるのが稲垣だ。「中居クンの考えは本当によくわからないんだよね」と周囲にこぼしたという。香取も、司会を務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に4月に中居が出演して以降は顔を合わせていない。飯島氏も中居と連絡を取れていないようだ。

「中居ら4人組は、昨年大晦日の焼肉忘年会のように密かに会合を開いて今後の対応を話し合っていました。しかし、中居は次第にこうした集まりに顔を出さなくなったとも。移籍への気持ちは縮小していると見るべきでしょう」(週刊誌記者)

 ほんの半年前までは移籍を視野に、スポンサーを獲得するなど前のめりに奔走してきたとされる中居。破格の厚遇を理由に移籍を翻意すれば、木村以上の「裏切り者」バッシングが待ち受けているのは想像に難くない。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

関連記事(外部サイト)