Hey! Say! JUMP山田涼介に”裏の顔”が?ラジオ放送中にハプニング

Hey! Say! JUMP山田涼介に”裏の顔”が?ラジオ放送中にハプニング

Photo by Kara Allyson(写真はイメージです)

 “Hey!Say!JUMPのエース”と言われ、その整ったルックスも相まって、クールなイメージが選考する山田涼介。しかし、そんな彼の「裏の顔」が、あるメンバーによって暴露されてしまった。

 Hey!Say!JUMPの年下4人からなるHey!Say!7メンバーが週替わりでパーソナリティを務めるラジオ番組『Hey!Say!7 Ultra JUMP』(文化放送)6月8日放送回は、岡本圭人が担当。岡本は番組中、「さっきから山ちゃんから何回も電話きてるんだよね」と明かし、なんとその場で山田と電話をし始めた。

 実はこの2人が番組中に電話で会話することは、これが初めてではない。

 この番組はゲストが登場しない限り、1人での放送が原則。だがあるとき、山田が「初めてのことに挑戦する!」と放送中に、仲の良い岡本に電話をかけたのである。このときは、山田が岡本に事情を説明し、岡本へ「今からスピーカーに切り替えるから、なんかしゃべって」とお願いし出演。岡本は突然のことに驚いてはいたが、多少は心の準備をすることができたよう。

 しかし今回、岡本は山田に特に説明もないまま電話をスピーカーに切り替えた。

 電話に出た山田は、もちろん電話がラジオで公開されていることに気がつかず、「ねえ、圭人、今暇だから相手してよ」と甘えんぼモード。最初は、岡本が仕事中だということを信じられなかった様子の山田だが、岡本から「これが山田涼介です」と言われると、事態を把握したようで、「スピーカーにするの早すぎだろ……」と絶句。

 しかも、山田と岡本はこの後、一緒に食事をする予定だったようで、山田は「圭人に会うから着替えようと思って、今上半身裸だよ!?」と、完全なオフモードだったことを明かした。だが、サービス精神旺盛な山田は、「メッセージ読もうか?」などと、積極的に番組に参加。岡本から新曲「Precious Girl」の曲紹介を頼まれると、「手元に情報がなにもない!」と言いつつ、見事にこなしてみせた。

 通話を終えた岡本は、「普段、山ちゃんはふにゃふにゃしてるんですよー」と笑い、いたずらが大成功したことにうれしさを隠させないよう。

 仲が良いからこそできる、メンバーのめったに見られない意外な一面を知ることができた放送となった。

文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

【関連記事】

関連記事(外部サイト)