元SMAP香取ら3人が独立決定でジャニーズが最後に見せた”父性愛”

元SMAP稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が退所へ ジャニー喜多川氏が異例の対応

記事まとめ

  • ジャニーズ事務所は元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が退所すると正式発表
  • ジャニー喜多川氏が公の文書で個々のメンバーにコメントするのは初だという
  • 事務所として稲垣、草なぎ、香取が去ったあとも「圧力はかけない」という意向か

元SMAP香取ら3人が独立決定でジャニーズが最後に見せた”父性愛”

元SMAP香取ら3人が独立決定でジャニーズが最後に見せた”父性愛”

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 ついにこの時がきたーー。ジャニーズ事務所は元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日をもって事務所を退所すると正式に発表した。各メディアに送られた文書では、ジャニー喜多川社長(85)がコメントを出すという異例の事態となっている。

 この対応にはジャニー社長の“親心”があったようだ。今回、ジャニーズはマスコミ宛のFAXで、「この度、弊社は稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3名より申し入れを受け、2017年9月8日契約期間満了に伴い、3名とのマネージメント業務委託契約を終了することとなりましたのでご報告申し上げます」と発表。同時に、このFAXにはジャニー社長のコメントも記載されており、これは極めて稀な対応といえる。

「これまでジャニー社長は、SMAP解散騒動の最中などもグループやメンバーへの“愛”をマスコミの前で語ってきました。今回のコメントの中でも『この度3名が自分達の決意で異なる道を歩み始めますが、どこにいようとも。又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません』と、退社を決めた3人に対しても不変の父性愛を明言している。ジャニー社長が公の文書で、しかも個々のメンバーに対してコメントするのは恐らく初めてのことで、業界内でも驚きが広まっています」(テレビ局関係者)

 ジャニー喜多川の“SMAP愛”は、これだけに留まらない。

■異例の対応に見え隠れする本音とは?

 FAXの最後に書かれている文言は、芸能界関係者の胸を熱く打った。「別々の道を歩むことにはなりますが、今後とも稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を、そして弊社所属タレントへご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます」こう締めくくられているのだ。

「これは、事務所として“3人が去った後も圧力はかけない”というメッセージとみられ、ここにもジャニー社長の意向が反映されているのでしょう。普段は御用達のスポーツ紙の取材だけしか取り合わないジャニーズが、ここまで大々的な発表をしているのは、今まで事務所に貢献し続けてきたメンバーたちへの“はなむけ”なのかもしれません」(前出・関係者)

 3人の今後はいまだ不透明なままだが、ジャニー社長の言葉は3人の胸にどう響いているのか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)