SMAP分裂後も波乱は続く?中居正広が”一転残留”を決めた胸中

SMAP分裂後も波乱は続く?中居正広が”一転残留”を決めた胸中

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 元SMAPのメンバー稲垣吾郎(43)、香取慎吾(40)、草なぎ剛(42)が、ジャニーズ事務所との契約を解除することがが明らかになった。元SMAPマネージャーのI氏が新会社を設立し映画制作会社に出入りするなど新しい動きを見せている中、合流して活動をともにする見通しだ。解散当初、スマップは木村拓哉(44)をの除く4人は独立することが濃厚とされてきた。しかし一転、中居正広(44)の残留が決定。そこには中居の秘めたる思いがあったという。

「稼ぎ頭の中居が独立することで、ジャニーズに金銭的な損害を与えることを避けたかった。そうすることでさらにお互いの感情をこじれることは中居の本意じゃない。稲垣、香取、草なぎの3人にも何かしらの”制裁”が起きることを恐れ、中居があと1年契約を更新することで3人の独立後の活動を守ろうしたとも。3人が芸能界でも生きていける体制を整えてから、中居自身も身の振り方を考えるつもりのようで、情に厚い中居ならあり得ない話ではない」(ジャニーズに詳しい芸能記者)

■中居も1年後に元マネージャーと合流か!?

 とはいえ、一旦残留を決めたものの中居が元マネージャーを慕う気持ちに変わりはないという。

「3人がジャニーズを退社する9月以降、彼らはレギュラー番組もなくなり仕事が激減すると予測されている。そうしたことを見越して先日、独立後の3人は元マネージャーとともに本格的に中国進出すると報じられている。中居は9月以降もレギュラー番組を抱えていますが、後々は独立して合流するという選択は消えていません」(前出・記者)

 解散騒動の謝罪記者会見から1年半、静かなる解散から半年。この短期間にも状況が二転三転しただけに、元SMAPがそれぞれの道を歩き出しても、今後の動きはまだまだ注目を集めそうだ。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

関連記事(外部サイト)