中居正広が”ジャニーズ残留”でも独立組との再合流説が根強いワケ

中居正広が”ジャニーズ残留”でも独立組との再合流説が根強いワケ

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 ジャニーズ事務所は6月18日、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が9月8日をもって契約期間満了となり、事務所を退所することを明らかにした。この報道を受けてSMAPファンの間では、落胆の声が広がっているようだ。

 昨年の独立・解散騒動のなかで、一部のファンのなかではジャニーズに残留する木村拓哉(44)と、中居正広(44)を主体とする独立派の4人という構図ができ上がっていた。そのため今回“独立派”とされていた中居が残留するということについて、「がっかり」「中居こそ裏切り者なのでは」「結局自分の保身か……」といった声も挙がっている。

 中居自身は、SMAP解散後もテレビ番組などで引っ張りだこの状態だ。レギュラー番組の1つである『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)は、放送時間がゴールデンタイムに昇格。バラエティだけに留まらず、CMのイメージキャラクターにも起用されている。俳優業がいまいちパッとしない木村や、退所を機に冠番組の終了も囁かれている他の3人と比較すると、まさに“一人勝ち”状態の中居だが、こうした状態はジャニーズブランドがあるからこそ勝ち得ているものではないとも言う。

「以前は“ジャニーズだから”という空気があったようですが、現在では“中居だから”という理由で、彼を慕う業界関係者も多い。メンバーのフォローをしてきた部分はもちろんですが、仕事のこなし方や共演者・スタッフにも気配りを忘れないなど、さまざまな部分で中居を評価する声は高まってきている。仮にジャニーズを退所しても中居を起用しようという声は大きかったでしょう」(スポーツ紙記者)

 今回のジャニーズ残留も、ジャニーズを離れる3人が円満に退所できるように道しるべを作っていたとも言われている中居。「裏切り者」のバッシングも、中居にとっては想定内のことなのかもしれない。

■中居正広が残留を決めた本意とは?

 そんな中居だが、一部の報道ではしばらくジャニーズ事務所に残ったあとに、ほかの3人に合流するのではという声も囁かれている。とくに現在のジャニーズ事務所は、内部でも大きな転換期にあたっているという。

「ジャニーズのトップであるジャニー喜多川社長(85)は年齢的なものもあり引退説が浮上している。そのため、ジャニー社長が去った後は急速に求心力が衰えるのではと見られている。メリー喜多川副社長(90)はさらに高齢で、藤島ジュリー景子副社長(50)はそこまでタレントたちの人心を掌握していないとも。今後数年以内にSMAPに続く新たな独立騒動が起きたとしても不思議ではありません」(前出・記者)

 こうした状態も想定しながら、中居はジャニーズ事務所に残り虎視眈眈と独立の体制を整えているのではとも言われている。最終的には昨年事務所を退社した元SMAPの女性マネージャーが設立した会社と協力する形で、中居もマネジメントに参加するだろうと目されている。

「ジャニーズと業務提携を結ぶかたちで、タレントが移籍後も仕事がしやすい環境を整えるなど、さまざまな作戦を企てているとも。稲垣・草なぎ・香取との合流説が日増しに真実味を増しています」(前同)

 中居のジャニーズ残留の本意は、ジャニー社長のリタイアを見届けるための恩義と次なるステップの準備なのかもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)