NHKがスタダを忖度?永野芽郁の朝ドラヒロイン決定に大ブーイング

永野芽郁がNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインに決定 NHKの忖度を指摘も

記事まとめ

  • 永野芽郁がNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインをつとめることが発表された
  • スターダスト所属の女優が相次ぎ起用されており、”ゴリ押し”を疑う声も高まっている
  • 『おんな城主 直虎』の柴咲コウ、『西郷どん』の北川景子、百田夏菜子もスターダスト

NHKがスタダを忖度?永野芽郁の朝ドラヒロイン決定に大ブーイング

NHKがスタダを忖度?永野芽郁の朝ドラヒロイン決定に大ブーイング

NHK本部センタービル(東京・渋谷)

 NHKの大作出演は、スターダストプロモーションに所属するのが近道なのかーー。6月20日、女優の永野芽郁(17)が2018年春放送のNHK連続ドラマ小説『半分、青い。』でヒロインをつとめることが発表された。元子役で好感度が高いことで知られる永野だが、ここのところNHKの大河ドラマや朝ドラにスターダスト所属の女優が相次いで起用されており、視聴者の間で”ゴリ押し”を疑う高まっている。

 98作目となる同作で永野が演じるヒロインは、楡野鈴愛(にれの・すずめ)。幼少時代に左耳が聞こえなくなり、岐阜県から上京するも様々な苦難を経験しながら生きていく。葵わかな(18)主演の2017年度下半期の97作目『わろてんか』に続いて放送される予定だ。

■なぜスターダストばかりがNHKに起用される?

 永野は今回、約2300人の応募者の中からオーディションを勝ち抜いてヒロインの座を射止めた。制作スタッフが集まる会議室に呼び出され、「もう1回面接と聞いていて、本読みの本を開いたら『ヒロインはあなたです』と書かれていて」と驚き、感極まって涙を流したという。しかし、こんなシンデレラストーリーにはこんなこんな見方もある。

「最近、スターダストとNHKの強い結びつきが目に余る。大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演は柴咲コウ(35)、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で篤姫を演じるのは北川景子(30)。『べっぴんさん』で話題になったももいろクローバーZ・百田夏菜子(22)も『わろてんか』ヒロインの葵も今回の永野もスターダストだらけ。ここまで一部の芸能プロダクションに偏るのは異常自体。何かしらの”忖度”を感じさせる」(芸能プロ関係者)

 そんな忖度の気配を視聴者も察知済みのようだ。SNSには「ゴリ押し」「オーディションっていってもコネとかありそう」「オーディションありますアピール」「もっとビックリするような人選してくれないかな」といった投稿が続いている。

 とはいえ永野は、すでにTVドラマや映画でバリバリ活躍中の身。2017年後半もドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)の出演や映画『ミックス。』の公開が発表されている。また格安スマホ「UQモバイル」のCMシリーズで三姉妹の三女を演じて好評を博するなど実績も十分。批判される要素は少ないようにも思える。

 現在放送中の第96作目『ひよっこ』では、知名度バツグンの有村架純(24)が、オーディション無しでヒロインに選出されるも視聴率で苦戦。6月20日放送回に、朝ドラのハードルラインと言われる20%台にやっと再浮上したものの、1ヶ月近く20%を下回り、視聴率低迷が叫ばれている。必ずしも知名度の高さだけで大河ドラマが成功するわけではないことが証明された。

「数年前までは、『あまちゃん』ののん(23・能年玲奈)や『マッサン』のシャーロット・ケイ・フォックス(31)、『あさが来た』のディーン・フジオカ(36)など、無名に近い役者が大ブレイクして朝ドラを盛り上げている。しかし近頃は視聴率を気にするあまり、民放を意識した演出やキャスティングが多く、フレッシュさに欠ける印象です。昨年末の紅白歌合戦も朝ドラのキャスティングも毎回きな臭い業界のしがらみばかりが目立ち、大人の事情を感じさせる。NHK全体の方向性に歪みが生じているのでは」(前出・関係者)

 2018年の朝ドラヒロインに選ばれた永野は、いい意味で視聴者を裏切る存在となるのか。それとも世間のゴリ押し批判に押しつぶされてしまうのか。女優として真価が問われそうだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)