小出恵介の淫行騒動で警察当局が見過ごせなかった”黒い形跡”

小出恵介の淫行騒動で警察当局が見過ごせなかった”黒い形跡”

Photo by BrianMcguffog(写真はイメージです)

 未成年だと事前に知りながら少女と飲酒し、不適切な関係を持ったとして無期限活動停止に追い込まれた俳優・小出恵介(33)。慶大卒のイケメン俳優として誰もがうらやむ存在だった小出だが、事件発覚以降、知られざる裏の素顔を続々と暴かれている。

 写真週刊誌『フライデー』(講談社・6月9日発売号)での少女の告発記事に端を発するこの騒動。その後、『週刊文春』(文藝春秋)も少女の独白記事を掲載するなどさらなる拍車がかかっている。所属事務所は15日、少女との間で示談が成立したと正式に発表したが、近々に行うとされていた小出の会見は未だ開かれていない。そうした中、新たな動きが浮上している。

 今回の騒動の受けて大阪府警が近日中に小出を任意で事情聴取し、淫行に該当しないかーーつまり大阪府青少年健全育成条例違反に当たるかどうかを慎重に判断するというのだ。

「小出が少女と知り合ったのは、NHKで放送予定だったドラマ『神様からひと言〜なにわ お客様相談室物語〜』の撮影で大阪を訪れていた際のこと。大阪府警が関心を持っているのは未成年との不適切な関係もさることながら、周辺に関与が疑われる反社会勢力の存在と言われている。小出が大阪で飲み歩いていた店舗や少女の周辺では、『小出の不祥事で金が取れる』といった内容のSNSメールが出回っていたとされ、騒動は予想外の方向に広がっています」(週刊誌記者)

 小出は、少女の告発によってCM契約の終了やドラマ放送中止、降板などが相次ぎ、一連の騒動で発生した損害賠償額は10億円に及ぶとも言われている。さらに刑事事件化したとなれば芸能界復帰は不可能となりそうだ。

「小出にはこの一件以来、酒癖の悪さや夜の町での悪評が知れ渡ってしまった。CM放送中止やドラマ降板は俳優としては最悪の不祥事。さらに都内飲食店での金銭トラブルなども伝えられており、俳優として再起の道は完全に絶たれたように思えます」(芸能関係者)

 文武両道を極めたイケメン俳優はどこでどう道を踏み外してしまったのか。すべては自業自得の結果でしかないが、このまま会見を開かずに雲隠れしたところで世間の批判は免れないだろう。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)