海老蔵の愛息・勸玄くん、麻央さんに捧ぐ”宙乗り初挑戦”の舞台裏

海老蔵の愛息・勸玄くん、麻央さんに捧ぐ”宙乗り初挑戦”の舞台裏

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 小林麻央さん(享年34)を亡くしたショックが癒えぬ中、歌舞伎の名門・市川家では一大プロジェクトが着々と進んでいる。小林麻央の長男の勸玄君が弱冠4歳にして、歌舞伎舞台での宙乗りに初挑戦するのだ。

「勸玄君が出演するのは、東京・歌舞伎座で7月3〜27日に開かれる『七月大歌舞伎』です。通し狂言『駄右衛門花御所異聞』で白狐を演じ、劇中で父の市川海老蔵(39)と親子でW宙乗りに挑みます。勸玄君の宙乗りは、歌舞伎公演史上で最年少です」(スポーツ紙記者)

 海老蔵でさえ、宙乗り初挑戦は28歳。2003年のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』の主演を経て、既に押しも押されもせぬ歌舞伎界の看板俳優となっていたころ。周囲の勸玄君にかける期待の大きさがうかがい知れる挑戦だ。

 しかも、勸玄君にとっては、15年11月の初お目見え以来の歌舞伎座出演。前回はあいさつのみにとどまっており、役を演じるのは初めて。4歳児にとってはあまりに荷の重い初物尽くしの挑戦だ。勸玄君の幼心に芽生えた覚悟には、母・麻央への強い思いがあることを発売中の『女性自身』(光文社)が報じている。

■「成長する姿を見せ、回復を」

『女性自身』の記事では、生前に勸玄君の宙乗り挑戦を聞かされた麻央は危険すぎると難色を示した。しかし、勸玄君たっての、

「出たい」

 という強い申し出に、麻央も納得したことで実現する運びになった。

「勸玄君と海老蔵は、病身の麻央を少しでも励まそうと今回の親子W宙乗りに挑むことにしました。役者としてしっかりと成長している姿を母の麻央に見せて、安心と喜びを与え、回復につなげてほしいという思いだったようです」(芸能記者)

 結果的に麻央は、我が子の一大挑戦を見守ることができぬまま、早すぎる死を迎えてしまった。海老蔵は6月23日の会見で、勸玄君が死後間もない麻央の体をさするなど、母の死という現実を十分に理解できていないことを明かした。

 それほど幼い子供の歴史的な挑戦。小さな背中に亡き麻央の思いを乗せて、勸玄君が歌舞伎座の宙を舞う。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)