木村拓哉、エゴサーチ好きと”中居の残留”で心労に追い討ち

木村拓哉、エゴサーチ好きと”中居の残留”で心労に追い討ち

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 木村拓哉(44)の凋落に歯止めがかからない。SMAPが解散してソロとなった今年に入り、主演したドラマは視聴率、興行収入ともにいま一つの結果。CMもトヨタ自動車の「カローラ」とミス・パリの「ダンディハウス」の2本が相次いで打ち切りに。6月20日には追突事故を起こす失態を演じてしまった。

「昨年来のSMAPの一連の騒動で、木村には“裏切り者”イメージが世間に浸透してしまった。特に木村以外のSMAPファンの失望感は強く、木村が出演する番組やCMクライアントへの抗議は今も止まらない。CMが激減した背景にはクレームの急増という問題が少なからず働いている。残るはタマホームのみで、こちらも新規撮影は行われていません」(テレビ局社員)

 騒動の結末として、SMAPメンバーとして苦楽をともにした稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が退社を決めた。その余波として、木村には“A級戦犯”の印象が強く付けられるかたちになってしまった。

「木村は、3人の退社発表の翌々日に追突事故を起こし、『考え事をしていた』と供述しました。動揺をうかがい知る出来事となってしまいました」(芸能誌記者)

 心労を隠せない木村。さらに精神的な負担に拍車をかけているのが、木村の”ある習慣”だという。

■オレ様キャラの割に“気にしい”な性格

 木村の知られざる私生活の”習慣”を報じたのは6月22日発売の『週刊新潮』だった。

「世間体を気にしている木村はネット上での書き込みもチェックしているとのこと。インスタグラムを始めた妻の工藤静香(47)にも『突っ込まれることが書かないでくれ』と苦言を呈したとも伝えられている。当然、木村は罵詈雑言を目にすることとなり、エゴサーチするたびに落ち込んでしているとか。何をしても支持回復にはほど遠く、悪循環が続いています」

 落ち込む木村に追い打ちとなったのが、中居正広(44)の残留だ。SMAP存続を一人主張したことで論功行賞を得られると思いきや、中居が残留を決めたことでジャニーズ事務所での特別な立場はあやふやになってしまった。

 かつてのトップスターから一転、八方ふさがりに追い込まれる木村。こみあげてくる焦りは、実は“気にしい”な性格、そして自動車メーカーのCMに出演していた割には運転が下手だったことなど、隠された本性を明るみにしている。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

関連記事(外部サイト)