松居一代が久々のブログ更新で騒然「怖い真実を知ってしまった」

松居一代が「何者かに尾行され日本中を逃げ回っていた」とブログで告白し騒然

記事まとめ

  • 船越英一郎の妻で女優の松居一代が27日に更新したブログ記事に心配の声があがっている
  • 1年5カ月もの間、何者かに尾行され愛車で日本中を逃げ回っていたことをブログで報告
  • 1年5カ月前といえば週刊誌が船越との離婚秒読みだとして別居状態を報じた時期という

松居一代が久々のブログ更新で騒然「怖い真実を知ってしまった」

松居一代が久々のブログ更新で騒然「怖い真実を知ってしまった」

Photo by lillie kate(写真はイメージです)

 女優でタレントの松居一代(60)が27日に更新したブログ記事に心配の声が挙がっている。株式投資や便利グッズのビジネスで成功する一方、夫・船越英一郎(56)との夫婦仲は冷え込み、別居状態にあると伝えられてきた松居だが、4月22日以来、更新していなかったブログに「恐怖の告白??」と題する記事を投稿した。しかし、その内容が松居の”深刻な状態”を示すものとして騒然となっている。

 松居は、「わたしはとんでも無いものを見てしまったんですよ」「サスペンスより恐ろしく怖い怖い真実をあたしは知ってしまった」と冒頭から煽り、1年5ヶ月もの間、何者かに尾行され、愛車で日本中を逃げ回り、15日間も車中泊を続けていたことを報告した。また今後、ブログの更新が3日以上、途絶えたら警察に通報してほしいなど、危機的状況にあることを強く訴えた。

「ブログ記事では自殺まで示唆するなど、松居は精神的にかなり追い込まれているようです。1年5ヶ月前といえば、『女性セブン』が船越との離婚秒読みだとして別居状態を報じた時期で、松居はそれを受けて夫婦危機を否定するために記者の前で”円満アピール”を行っている。しかし家庭不和は事実だったようで松居は5月の還暦誕生日をひとりで過ごしたこと、『愛して止まなかった ※注意…過去形です』と船越への愛情がすでにないことまでも記述している。連れ子だった長男も成人して独立し、不幸にも家族が同時期にバラバラになってしまった。こうした環境の変化が松居に重くのしかかっているのでは」(週刊誌記者)

 何者かに監視されている、盗聴されている、尾行されている……という被害報告は国際的には”ガスライティング”と呼ばれ、古今東西で常にウソかマコトか議論を呼んできた。カウンセラーによる「本人の思い過ごしが多い」とする報告リポートがある一方、被害を訴える人たちの叫びはかなり深刻だ。松居が恐れる”尾行者”は本当に存在するのか。トラブルが起きぬように周囲の協力が必要かもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)