嵐・松本潤のバーター?TOKIO長瀬が日曜劇場で主演の違和感

嵐・松本潤のバーター?TOKIO長瀬が日曜劇場で主演の違和感

Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 7月スタートのTBS日曜劇場は、長瀬智也(38)が主演するドラマ『ごめん、愛してる』に決定した。同枠は今年に入って、1月スタートの木村拓哉(44)の主演『A LIFE〜愛しき人〜』が平均視聴率14.5%、4月スタートの長谷川博己(40)主演『小さな巨人』が平均視聴率13.5%と堅調な数字を維持している。それだけにTBSとしても期待がかかっている。

 主題歌は宇多田ヒカル(34)の新曲『Foreverme』に決定しており、話題性にも事欠かない。だが、実はこのドラマはいわくつきでもあった。それは『ごめん、愛してる』が、韓国では社会現象を呼んだ話題の韓流ドラマのリメイクである点だ。ジャニーズが主演を務める韓流ドラマのリメイクといえば、ちょうど一年前、フジテレビで放送された『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』が思い起こされる。主演は、Hey! Say! JUMPの中島裕翔(23)で平均視聴率6%の大爆死したことは記憶に新しい。

「韓国で社会現象を起こしたドラマをジャニーズ主演でリメイクした『HOPE』は、メリー氏一押しの企画だった。お気に入りの中島を売り出す意味もありました。しかし視聴率は二桁にははるかに及ばず、中島の評価は最悪になった。今回の『ごめん、愛してる』も気に入りの長瀬が主演することからメリー氏の力が働いてのことでは」(スポーツ紙記者)

 他局で大惨敗した韓国ドラマのリメイク企画。ここ最近、ドラマでは絶好調のTBSには似つかない気もするが、そこには芸能界独特の業界力学が働いていたようだ。

■大ヒット作、異例のシリーズ化の裏には?

 TOKIO長瀬がなぜ唐突に韓国ドラマのリメイク作品に主演することになったのか。そこには嵐・松本潤(33)主演のドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』の続編実現への狙いがあったという。

「松本潤主演『99.9』の第2シーズンが来年1月に決まってる。平均視聴率17.2%を記録したこのドラマは、同枠の『半沢直樹』や『下町ロケット』に続くヒット作。『日曜劇場では超異例のシリーズ化』と公式ホームページでも謳うなど、TBSとしても確実にシリーズ化したい作品だった。そのためにもジャニーズのヘソを曲げるわけにはいかず、韓国ドラマのリメイク案や長瀬主演を受け入れるしかない状況だった」(前出・関係者)

 ここ10年近く長瀬はドラマの主演をしても10%に届くか届かないかの低視聴率ばかり。メリー氏の悲願である日曜9時台でリベンジを果たすことはできるのだろうか。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)