有村藍里、妹・有村架純への便乗商法でブーイングの嵐に

有村架純の姉である有村藍里のテレビ出演急増 藍里は便乗商法説を否定も批判殺到

記事まとめ

  • 有村架純の姉である有村藍里は芸名『新井ゆうこ』から改名しテレビ出演が急増している
  • しかし、藍里の写真集の初週売上は惨敗で、修正を暴露して炎上商法にシフトしたらしい
  • また、藍里は架純の知名度を利用した便乗商法説を否定したが、批判が殺到している

有村藍里、妹・有村架純への便乗商法でブーイングの嵐に

有村藍里、妹・有村架純への便乗商法でブーイングの嵐に

Photo by Lara Cores(写真はイメージです)

 有村架純(24)の姉にしてグラビアアイドルの有村藍里(26)が近頃、テレビ出演が急増している。妹の知名度を利用したあけすけな便乗商法に対し、巷で「妹が消えたら必然的にこの人も消える」「生き恥」などとブーイングが増加している。

 朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)にヒロイン・谷田部みね子役で出演中の架純。国民的女優として女優道ど真ん中を歩む架純の姉であると2015年に判明して以来、知名度ウナギ登りなのが姉の藍里だ。藍里は今年3月に芸名「新井ゆうこ」から本名「有村藍里」に改名。5月26日には、1st写真集『i(アイ)』の発売にまでこぎつけた。

■妹の力で知名度アップも写真集の売上は大惨事?

 このところ藍里のテレビ露出は急増している。特にバラエティへの出演が増え、28日放送のバラエティ番組『良かれと思って!』(フジテレビ系)では、エゴサーチすることを告白。その結果は「たいていはブス」だと自虐的に答え、さらに静止画では「修正ソフトを使っている」と暴露した。

「有村架純の姉だと判明してから、注目度が高い。現在は“売れれば何でもOK”の精神で、オファーを片っ端から受けている様子。それでも写真集の初週売上は867部と惨敗で、出版社の赤字は必至。藍里は次作が見込めない。だからあえて『修正ソフトを使っている』と炎上商法にシフトしてまで、写真集の存在をアピールしたかったのでは」(週刊誌記者)

 藍里の芸能活動は、傍目にも露骨な便乗商法に見える。それでも本人は24日、AbemaTVの『今夜、釈明しますm(_ _)m』に出演して「便乗商法しているという疑惑が流れていますが、全くの事実無根」と便乗説を否定。何かと妹と比較されることに対して「(コンプレックスなどは)全く思ってないですが、周りに言われているのが傷つきます。妹より可愛くないとか妹より劣っているとか……」と胸の内を明かした。

 だが世間の意見は正反対。「妹との差は歴然」「生き恥」「その辺の適当なキャバ嬢の方がよっぽど綺麗」「妹が消えたら必然的にこの人もう消える」とブーイングの嵐だ。なぜ藍里は便乗商法などに自ら言及し、ブーイングを誘発するのか。

「『便乗商法だろ!』とツッコミが激しくなって話題になればなるほど、藍里サイドからすれば儲けもの。ゲスな話題もいとわぬアウトローな商売に走っているのでは。しかし正統派女優としてキャリアを積む妹にとって汚点に他ならない。チヤホヤされて収入が増え、勘違いしたあげくにスキャンダルを起こして妹に迷惑をかける……なんて事態に陥らなければ良いが」(前出・記者)

 物議を醸す藍里の存在。妹の架純が、芸能界の“ひよっこ”な姉の便乗商法に釘を刺す日はやって来るのだろうか。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)