山崎アナが弄ばれて好感度上昇?おばたのお兄さんは業界内で孤立化へ

フジテレビ山崎夕貴アナウンサーと交際中のおばたのお兄さん、総スカン状態で孤立か

記事まとめ

  • フジテレビ山崎夕貴アナウンサーと交際中のおばたのお兄さんに浮気が発覚した
  • 一部ではフジテレビへの出入り禁止令が囁かれ、業界内で総スカン状態という
  • バナナマン設楽統、おぎやはぎ矢作兼がおばたのお兄さんに対し苦言を呈した

山崎アナが弄ばれて好感度上昇?おばたのお兄さんは業界内で孤立化へ

山崎アナが弄ばれて好感度上昇?おばたのお兄さんは業界内で孤立化へ

山崎アナが弄ばれて好感度上昇?おばたのお兄さんは総スカンで孤立化(写真はイメージです)

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が、7月2日に都内で行われたイベントに参加し、古巣フジテレビの後輩にあたる山崎夕貴アナウンサー(29)の熱愛報道について言及した。同報道に高橋は「彼女(山崎)が築き上げてきたキャラクターとかキャリアにも影響している。そういうのは働く女性からすると、ちょっとどうなのかなっていう思いがある」とコメント。お笑い芸人・おばたのお兄さん(29)との交際が報じられた山崎アナだが、その直後に写真週刊誌『フライデー』(講談社)にておばたのお兄さんの浮気が発覚。浮気相手の女性はおばたのお兄さんのファンで、同誌ではLINEの履歴や写真が掲載されている。キー局女子アナと売り出し中の若手芸人という「格差カップル」として、話題と好感度を集めていた矢先の出来事であった。

 二人を応援する声がたくさんあがる中で発覚したおばたの浮気は、一気に山崎に対する同情票に変わっている。先月25日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、山崎本人が「最悪な気分です」と心境を吐露。そしておばたの今後の姿勢を見守るとコメントしたことで、さらに注目を集めているようだ。

「山崎はフジの女子アナらしからぬ素朴なキャラクターが、同性からも好感をもたれていました。今回の件で世間から注目を集め皮肉にもさらに人気を上昇させている。当初はいじられることで視聴率に繋がることを期待されていたが、現在は山崎に同情する声がほとんどです」(芸能関係者)

 視聴率不振であえぐフジテレビにとっては喜ばしい話題だったが、おばたの浮気発覚でそんな空気が吹き飛んでしまったようだ。

■おばたに待ちうける制裁

 その一方で浮気が発覚したおばたは、現在“針のむしろ状態”だという。一部ではフジテレビへの出入り禁止令が囁かれるが、それ以上にお笑い界からの“制裁”が待ち受けているとも言われている。

「山崎はバラエティに出演することも多いため芸人との絡みが非常に多く可愛がられていた。共演者は中堅以上の芸人がほとんどで、彼らの多くは山崎を擁護する姿勢を明らかにしている。そのためおばたは、芸人としてもきつくお灸を据えられることになるでしょう」(芸能記者)

 実際に山崎と『ノンストップ!』(フジテレビ系)で共演しているバナナマンの設楽統(44)は、自身のラジオ番組で「許されない」と発言。さらに「山崎さんと付き合うってことは、上の芸人もみんなが山崎さんの味方だから。やばいからね」とおばたに警鐘を鳴らしている。また、おぎやはぎの矢作兼(45)も「本当にみんなが祝福してたから、おばたのお兄さんの好感度が下がるんだろうな、きっと。だって、世間は一気に牙をむくだろ」とコメントし、おばたに対して苦言を呈した。先輩お笑い芸人からも突き放されたおばただが、今後も厳しい状態が続くと見られている。

「さすがにフジテレビの露出は当分ないでしょう。“火遊び芸人”として、この件をいじられながら活動するにも視聴者の反発は必至。悪い意味で名前が広まってしまったため、しばらくはおとなしくするしかないのでは」(前出・芸能関係者)

 “山崎効果”で知名度を得たおばただが、一気に芸能活動の窮地に立たされている。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)