中村仁美アナ退社の裏で囁かれるフジテレビの”人員削減計画”

中村仁美アナが退社意向 宮内・新社長就任でフジテレビが人的コストを大規模削減か

記事まとめ

  • 中野美奈子と同期で、さまぁ〜ず大竹一樹の妻・中村仁美アナがフジテレビを退社意向
  • フジは久慈暁子アナの売り出しで注目されるが、武田祐子アナが退職するなど入替わりも
  • 中村アナは退社後もアナウンサーの仕事を継続していく予定で、ホリプロ所属が濃厚とも

中村仁美アナ退社の裏で囁かれるフジテレビの”人員削減計画”

中村仁美アナ退社の裏で囁かれるフジテレビの”人員削減計画”

中村仁美アナ退社の裏で囁かれるフジテレビの”人員削減計画”(写真はイメージです)

 フジテレビ中村仁美アナウンサー(38)の退社意向を一部スポーツ紙が7日に報じた。記事で中村は退社後もアナウンサーの仕事は継続していく予定で、フリーに転身すると綴られている。フジテレビもこの報道を事実とし、「子供との生活を優先するために、以前から退職のタイミングを図っていた」と説明している。ちなみに中村は今月1日付で人事局付に異動していたが、「この異動もきっかけだった」と見るフジテレビ関係者も多い。

 中村は2002年にフジテレビに入社、同期には現在フリーアナウンサーで活動している中野美奈子(37)らがいる。『クイズ!ヘキサゴン』『爆笑レッドカーペット』といったバラエティ番組のアシスタントをつとめたほか、『ノンストップ!』や前進番組である『こたえてちょーだい!』にも出演していた。2011年にさまぁ〜ずの大竹一樹(49)と結婚し、現在2児の母となっている。 

 フジテレビアナウンサーといえば、このところ新人の久慈暁子アナウンサー(22)の売り出しが注目されている。しかしその一方で、3月末には武田祐子(47)アナウンサーが退職したりと、静かな入れ替わりが行われているのも事実だ。

「かつて看板アナウンサーとして、多数の番組に出演していた女子アナも、一定の年齢を越えると技術やキャリアが問われてきます。また、露出が少ないなと思っていたら他部署に異動していることもあります。ここ数年では、阿部知代(53)がニューヨークの出向を経て報道局に、細貝沙羅(30)が人事部に異動しています。また今回の中村のような、異動をきっかけに退社するケースも珍しくありません」(芸能記者)

 現在多数の番組に出演している20代のアナウンサーたちも、数年後にはこのようなキャリアを考える立場になるのかもしれない。

■中村アナは夫ともにホリプロ所属が濃厚か?

 さらに関係者によると、フジテレビでは中村や武田に続く存在が、今後増える可能性もあるかもしれないと言う。

「宮内正喜(73)社長の就任により、大規模なコストカットがとられる可能性があります。『自社でできることは自社で』という方針と言われる宮内社長のため、人的コストの削減も視野に入れているはず。必要最低限のアナウンサーのみ確保し、早期退職優遇制度のようなものの導入や、あからさまな肩たたきにあうアナウンサーも出てくる可能性は高い。そうしたことも踏まえ、退職を選ぶアナウンサーも出てくるかもしれませんね」(前出・記者)

 一方で、フリーアナウンサーとして活動すると思われる中村は、ある芸能事務所に入ることが濃厚だと言われている。

「中村は夫と同じホリプロの所属になるだろうと一部で言われています。昨年は日本テレビを退社した上田まりえ(30)が、松竹芸能に入りました。上田が松竹所属後も安定した活躍を見せていることもあり、ホリプロもこれに続けと考えている部分があるかもしれません」(前同)

 当時のフジテレビの人気番組のアシスタントをつとめたキャリアを生かしながら、“ママアナ”としてマイペースに活躍していくことになるかもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)