深夜帯も鳴かず飛ばず?剛力彩芽がWebドラマに”降格”のワケ

深夜帯も鳴かず飛ばず?剛力彩芽がWebドラマに”降格”のワケ

Photo by SAOTOME 早乙女 英雄(写真はイメージです)

 今度は「Webドラマの女王」になる? タレントで女優の剛力彩芽(24)が7月10日、自身が主演を飾るAmazonプライム・ビデオのドラマ『フェイス―サイバー犯罪特捜班―』の発表会見に出席した。剛力彩芽はアクションシーンに自信を見せるなど終始にこやかだったが、その裏で地上波ドラマから後退の兆しを見せている。

■Webドラマに進出……深夜ドラマから降格か

 本作は、サイバー犯罪をテーマにしたWeb配信ドラマ。通称“フェイス”と呼ばれる「サイバー犯罪特捜班」に加入した剛力演じる結城凛が、サイバー犯罪組織に巻き込まれて逃亡した兄を救い出すべく奮闘する。全10話で構成され、7月11日からAmazonプライム・ビデオで配信がスタートしている。

 11日の配信に先立って行われた発表会見で剛力は、「新しい挑戦をさせてもらえるのは嬉しい」といつもの笑顔を見せ、アクションについて「あざができるほど」熱心に頑張ったことを明かした。また“スポンサー様”であるAmazonのセール企画のために、特別配達員になるという甲斐甲斐しさも見せている。

「特に有料会員制の映像配信サイトのオリジナルドラマ・映画は、製作資金が潤沢とはいえ、視聴者の数が一気に減る。海外でこそブラッド・ピット(53)など人気俳優が出演しているが、日本国内では無名の役者の出演がまだ目立つ。剛力は、いわば地上波から“降格”といったところでしょうか」(報道関係者)

 剛力は一時期、『ドクターカー』(日本テレビ系)や『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』(テレビ朝日系)、『レンタルの恋』(TBS系)など地上波の深夜ドラマへの出演を連発。「深夜ドラマの女王」などと呼ばれていた。しかしいずれもヒットしたとは言えず、閑古鳥が鳴く有様だ。

 今春放送された深夜ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)こそ視聴者から「良かったよ」と一定の好評価を得たが、「バラエティとか出ればいいのに」「事務所が下手なだけ」と活動の方向性に意見する声も絶えず出ている。

「ゴールデンタイムから深夜ドラマを主戦場に移し、今度はWebドラマ。剛力が尻すぼみになっている原因は、演技力の欠如。どんなジャンルのドラマでも一本調子で、最終的に視聴率の悪さにつながっている。そして製作発表が一番盛り上がり、その後は全く話題にならないというどつぼにハマっている。この先も主役にこだわり過ぎると、出る作品がなくなってしまうだろう。今もまるで裸の王様状態で、見ているのが辛い」(前出・報道関係者)

 過去にはファンの間で“ゴリ押し女優”と呼ばれるも、CMやドラマに引っ張りだこだった剛力。女優として活躍の場がどんどんランクダウンする今、その胸中やいかに。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)