激ヤセ&主婦離れの船越英一郎、司会番組でも降板危機が急浮上

【松居一代と船越英一郎の離婚騒動】『ごごナマ』が船越降板や番組打ち切りの可能性も

記事まとめ

  • 松居一代と船越英一郎の離婚騒動は、松居が連日暴走し、船越は苦悩が続いているという
  • 船越のNHK『ごごナマ』は窮地に陥っているといい、美保純との息も合ってないという
  • 離婚裁判が長引けば船越には大ダメージで、『ごごナマ』の船越降板や番組打ち切りも

激ヤセ&主婦離れの船越英一郎、司会番組でも降板危機が急浮上

激ヤセ&主婦離れの船越英一郎、司会番組でも降板危機が急浮上

Photo by Magdalena Roeseler(写真はイメージです)

「火曜バイアグラ劇場」などと悠長に言ってもいられない。2時間ドラマの帝王・船越英一郎(56)が、ドラマを地で行く実生活で毎日、クライマックスシーンの崖っぷちにいるような気分だろう。

「船越が気を揉んでいるのはむろん、妻・松居一代(60)による連日の大暴走。真実は法廷で明かされるとは思いますが、船越は4月から『ごごナマ』(NHK)という昼の生放送番組を担当したばかり。2時間サスペンスドラマが相次ぐ打ち切りで、船越にとっては新しいチャンレンジだったが、身内から入った思わぬ横やりで苦悩が続いています」(芸能記者)

 “怒り”を生きる原動力にしている松居にとっては、ここから「倍返し」どころか「一兆倍返し」を始めようという腹づもりなのだろう。その口撃は日に日に過激度を増している。そうした動きと比例するかのように船越の『ごごナマ』も、かなりの窮地に陥っているという。

「スタート以来、視聴率は1〜2%が関の山。上向く気配すらありません。そもそも相方の美保純(56)がコメンテーターならまだしも、他のタレントをお迎えする番組ホストの器ではない。片や船越に、美保の自由奔放さをカバーしてスタジオをまわせるトーク力もない。2人一緒にいるのに、別々の方向を向いて話している印象です」(前同)

 さらに別の関係者が、番組に横たわるもう1つのピンチを指摘する。

■船越英一郎の話が弾まない深刻な事態に

「この番組を見るモチベーションがもはや、内容うんぬんよりその日の船越がどういった反応を見せるのか、ばかりになっている。今回の離婚裁判が長引けば、お互いが隠していたウラの顔を法廷でバラしあう暴露合戦となり、松居はともかく、主婦層が見ている番組の司会である船越には大ダメージ。和やかな雰囲気のこの番組にはふさわしくないものとして、船越の降板や番組自体の打ち切り終了も検討されるでしょう」(業界関係者)

 しかも『ごごナマ』は『あさイチ』(同)の昼版をめざして始まったものだが、井ノ原快彦(41)が家庭でのことを話すのに対し、船越は当然ながら皆無。毎日登場するゲストとのプライベートトークの幅も狭まり、話が弾むはずがない。もはや日増しに激ヤセしていく船越の姿だけが見ものという惨状だ。

 もし無事に離婚が成立したとしても、お笑い芸人ならともかく、船越ではこの一件は話題にしづらい。どう転ぶにせよ今後も視聴者から“いたたまれない目”で見られるのを、船越自身はどう思うのか。船越英一郎の運命はやはり松居一代が握っているということになりそうだ。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)