海老蔵が五輪で襲名式も?死してなお高まる”麻央さんの存在感”

海老蔵が五輪で襲名式も?死してなお高まる”麻央さんの存在感”

Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)

 世界中が注目する2020年東京オリンピック。その開会式にはAKB48、EXILE、ジャニーズなど様々な芸能人の出演が予想されている。その中でも現在の最有力候補として日本の伝統文化を担う歌舞伎役者の市川海老蔵(39)が急浮上している。

「昨年のオリンピックを見据えた国際会議『スポーツ・文化・ワールド・フォーラム』では、IOCのトーマス・バッハ会長(63)が見守る中、海老蔵が歌舞伎舞踊を披露しています。可能性はかなり高いでしょう」

 と、話すのはスポーツ記者。さらに海老蔵のオリンピック開会式を後押しする要因が、“市川團十郎”襲名と、妻・小林麻央さん(享年34)の存在だ。

「歌舞伎界にとって『襲名』は大きなビジネスチャンスで、最大限活かそうとなればオリンピックに合わせて海老蔵が十三代目團十朗を襲名する可能性は高い。また麻央さんは闘病中の2016年に『世界で最も影響力のある女性』の1人に選ばれ、それと同時に海老蔵も世界に知られることとなった。世界的な知名度や注目度を考えれば、オリンピック開会式のパフォーマンスに海老蔵が起用されることに異存はないでしょう」(前同)

 そして、麻央さんの存在のおかげで、そのパフォーマンスはさらなる効果を発揮するという。

■小林麻央さんは歌舞伎界の未来の希望

 現在麻央さんのブログ『KOKORO.』は、生前の記事を国外向けに英訳発信しており、ブログには海外からのコメントも多く寄せられて、麻央さんの名は世界的に広まり続けている。

「團十朗襲名、そして会開始でのパフォーマンスに、麻央さんの海外人気が加われば、悲運を乗り越えた、十三代目市川團十朗として一躍世界的な知名度を得るはず。惜しくも他界してしまった彼女ですが、亡くなってもなお彼女は歌舞伎界、そして夫を世界的スターへとのし上げるため、まるで内助の功を発揮しているようです」(前出・スポーツ記者)

 夫と二人の子を残して旅立ってしまった小林麻央さん。だが、彼女が残したものは、夫・海老蔵と歌舞伎界の未来に射す光となるかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)