松居一代、船越との別居理由に”あの女性脚本家”の存在を示唆

松居一代が新たな暴露動画 女性脚本家からの手紙がきっかけで船越英一郎と別居と主張

記事まとめ

  • 松居一代が新たな暴露動画を公開し、船越英一郎と別居することになった経緯を明かした
  • 船越英一郎とテレ東『ソロモン流』で共演した女性脚本家からの手紙がきっかけだという
  • また、松居一代が別宅の必要があると判断し、船越英一郎の別宅を探したらしい

松居一代、船越との別居理由に”あの女性脚本家”の存在を示唆

松居一代、船越との別居理由に”あの女性脚本家”の存在を示唆

Photo by lillie kate(写真はイメージです)

 女優でタレントの松居一代(60)が13日、新たな暴露動画をYoutubeで公開した。タイトルは「別宅の真相」と付けられ、11年から夫の船越英一郎(56)が自宅近くにマンションを借りて別居することになった経緯を明かし、それは女性脚本家からの手紙がきっかけになっていると主張。手紙の実物を朗読して公開、その判断をユーザーに委ねるとした。

 Youtubeで公開された「【第8弾】別宅の真相 第1話」と題された動画は、「マスコミの皆さん 報道は間違っています 真実を告白します」というテロップでスタート。「夫の意思で…自宅を出て別居生活始めたと報道されていますが 間違っています」と続け、「これにはひとりの女性が加わってくるんです。その女性から書かれた一通の手紙から始まりました」と語り、テレビにも出演する女性脚本家と船越の関係を示唆した。

「松居は実名を挙げてはいないが、公開された手紙には女性脚本家の名前が記されています。2人は10年に『ソロモン流』(テレビ東京系)のデート企画で共演するなど接点はあるが、本人の筆跡とは違うという声もあり真偽は不明です」(週刊誌記者)

 また、船越が別宅を借りたのは松居を嫌になったからではなく、松居が物件を探してきたものだと主張。その理由として、「この手紙が引き金になって、別宅をもうけなくてはいけなくなったのです。それは妻の私が判断したからです。弁護士を入れて話し合いをしました」と意味深に動画を締めた。

 松居は今回を第1話としたことについては「とっても長い話になるので、ここからは第1話とします」とし、この女性脚本家のエピソードはまだまだ続くことをほのめかしている。ハワイ在住女性に続いて、予想外の新キャラクターが加わったことで、この騒動は思わぬ方向へ進みそうな気配である。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)