イケメン好きの本性?広瀬すずが新CM女王に輝くも周囲は戦々恐々

広瀬すずが映画『ラプラスの魔女』で嵐・櫻井翔と共演 熱愛発展に櫻井ファン警戒か

記事まとめ

  • 広瀬すずは『花より男子』主演が噂される他、『ラプラスの魔女』で櫻井翔と共演する
  • 広瀬は櫻井ファンだったとの噂も囁かれ、櫻井ファンが熱愛発展を警戒しているという
  • また、広瀬は綾瀬はるか、有村架純らを抑え、14社で初のCM女王に輝いている

イケメン好きの本性?広瀬すずが新CM女王に輝くも周囲は戦々恐々

イケメン好きの本性?広瀬すずが新CM女王に輝くも周囲は戦々恐々

Photo by Little_Li(写真はイメージです)

 今月11日に発表された『2017年上半期タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター)で、女優の広瀬すず(19)が14社で初のCM女王に輝いた。昨年2位だった広瀬は、10社で2位の綾瀬はるか(32)、有村架純(24)らを抑えトップに立った。

 また、男性部門1位は嵐・相葉雅紀(34)と男子プロテニスの錦織圭選手(27)で、共に10社で並んでおり、広瀬は男女通じてもっともCMに出演したことになる。大塚製薬や資生堂、ソフトバンクモバイルなど、若年層向けのCMへの出演オファーが相次いでいることが大きな要因と言えそうだ。

 そんな広瀬が、あの大ヒット作『花より男子』(集英社)主人公の牧野つくし役を演じると、一部メディアで報じられている。同作は、漫画家・神尾葉子(51)原作で、2005年と2007年に井上真央(30)主演でドラマ化され、人気を博した。同ドラマのリメイク版として、来年4月期に放送予定で、主人公を取り巻く「F4」と呼ばれるイケメン集団には、ジャニーズタレントの起用も噂されるなど、今から注目を集めている。

 また広瀬は、来年公開予定の映画『ラプラスの魔女』の撮影も進んでおり、嵐・櫻井翔(35)との共演も決定してドラマに映画にと引っ張りだこだが、ジャニーズタレントと立て続けに共演が決定していることに、一部ファンからの反発を招いているようだ。

「広瀬は過去にはジャニーズJr.メンバーを立て続けに噂が広まるなど、年齢が若い割にこれまでスキャンダルが多すぎる印象。ジャニーズファンは既に広瀬を天敵扱いしているほど。一部では、広瀬が元々櫻井ファンだったとの噂も囁かれており、共演ともなれば広瀬と櫻井が熱愛に発展するのではと警戒されているようです」(芸能記者)

 櫻井も今年は、小川彩佳アナウンサー(32)との交際が取り沙汰されて大炎上。広瀬との共演はファンの目から見ても危険度が高く、双方の所属事務所・ファン共に、マークを一層強めることが予想されている。

■天然キャラとイケメン好きが嫌われる要因?

 広瀬といえば、今年1月には俳優・成田凌(23)との熱愛も報じられるなど、イケメン好きの印象が強い。直後に交際は否定され、現在は沈静化しているものの、それはそれで双方ともに“遊び”だったと解釈している声も少なくない。役どころでなく、広瀬自身の“魔性”ぶりは既に周知の事実なだけに、所属事務所関係者は戦々恐々としているという。

「CM・ドラマだけでなく声優としても活動の幅を広げるなど、事務所は今後も、広瀬でまだまだ稼げると踏んでいる。ゴリ押しでなく、自身の持っている実力で確固たる地位を築けるかどうか、今が一番大事な時期だ考えている。ましてや、清純派路線で売っている広瀬なので、熱愛スキャンダル一つで、女優としての人気も一気に落ちる。自身の芸能活動の寿命を決めるのは男関係次第だと、事務所周りは細心の注意を払っているようです」(前出・芸能記者)

 清純さが売りの広瀬ゆえ、ひとつのスキャンダルが今後を左右することになりそうだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)