好調は最初だけ?高畑充希『過保護のカホコ』が抱える”不安要素”

好調は最初だけ?高畑充希『過保護のカホコ』が抱える”不安要素”

Photo by amyannbrockmeyer(写真はイメージです)

 女優・高畑充希(25)主演の新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系・以下注記があるもの以外は同)の初回が7月13日に放送され、視聴率が11.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)だったことがわかった。民放の連ドラ初主演作品となる本作で、高畑は21年間両親から溺愛され続けてきた女子大生の主人公を演じている。そんな純粋培養な主人公が、竹内涼真(24)演じる自分と正反対の環境で生きてきた青年と出会うことで、自分が持つ本当の力を目覚めさせるというホームドラマだ。

 昨年ヒロインをつとめた朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』(NHK)では、全話を通じての平均視聴率が22.8%を記録。今世紀放送の朝ドラでは歴代3番目となる数字を叩きだしており、本作でも高畑に対する期待は高い。また、本作で注目されているのは高畑だけではない。脇を固めるキャストも絶妙だと囁かれている。

「主人公の両親役を、時任三郎(59)と黒木瞳(56)が演じており、さらに祖母役には三田佳子(75)が抜擢されています。黒木と三田は過去に自身の子どもがトラブルを起こし、週刊誌で話題になりました。そのため、視聴者のなかでも『キャスティング狙いすぎだろ』という声があがっているようです。この二人がよくこのオファーを受けたなという気もしますが……。しかしこれが絶妙なリアルさを出し、視聴者を楽しませてくれる要因となるかもしれませんね」(芸能記者)

 脇を固める助演陣たちと、高畑がどのような掛け合いを見せるのかというのも見どころの一つとなりそうだ。ただ一方で、期待の裏には不安を感じる声もあがっている。

■好調は最初だけ?カホコの不安要素とは

「前クールの同枠で放送されていた、沢尻エリカ(31)主演作『母になる』も、初回と第2話は2ケタ視聴率を記録していました。しかしその後は勢いを落とし、全話平均視聴率は9.1%での終了となってしまいました。そのため今回も、同じようなケースになるのは避けたいという思いが制作サイドにはあるようです」(芸能記者)

 同枠では昨年、『世界一難しい恋』、『家売るオンナ』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の3作が連続でヒットした。しかし今年は『母になる』然り、1月期に放送された『東京タラレバ娘』と不調が続いている。数字を持つ女優として認知されつつある高畑だからこそ、巻き返しを図りたいところだろう。

 また本作の脚本は、過去に『女王の教室』や『家政婦のミタ』などの作品でヒットを飛ばした脚本家・遊川和彦氏(61)がつとめている。この点においても、今後の方向性を左右することになるという。

「遊川氏の作品は『女王』や『ミタ』が評価される一方、割とコケている作品が多いのも事実です。とくに『ミタ』以降は、朝の連ドラ『純と愛』(NHK)や、遊川作品常連の天海祐希(49)を主演にした『偽装の夫婦』などがありますが、視聴率は今ひとつ。今年1月には初監督作品として天海を主演に、『恋妻家宮本』を上映しましたが、これもパッとしませんでした。そのため“振り幅が大きい”という評価があるのも事実です」(前同)

 視聴率2ケタでの発進となった作品だからこそ、その勢いを持続させたいところ。高畑効果と相乗し、ヒットドラマとなるかにも注目だ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)