小栗旬『銀魂』が好調スタートでも賛否両論「福田組がウザい」の声も

小栗旬『銀魂』が好調スタートでも賛否両論「福田組がウザい」の声も

映画『銀魂』原作ファンの間で賛否激論のワケ(写真はイメージです)

 現在公開中の映画『銀魂』が全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)で18日、初登場2位にランクインしたことがわかった。しかし原作ファンの間では「最高の実写化」「この5年間でみた映画でワースト1」などと評価が真っ二つに分かれ、大激論となっている。そうした賛否両論の背景には、『勇者ヨシヒコシリーズ』や『HK 変態仮面』などを手がけてきた福田雄一監督(49)のクセの強い演出があるようだ。

 公開前から何かと物議を醸していた『銀魂』。小栗旬(34)が主演する話題作とあって全国334館で公開され、全国週末興行成績ランキングでは同じ初登場のアニメ映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』に敗れるも、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を上回って2位に食い込んだ。上々のスタートを切った『銀魂』だが、「最高の実写化」「想像以上」「これは間違いなく銀魂」と手放しで称賛する声があるかと思えば、「学芸会レベル」「この5年間ぐらいみた映画でワースト1」「銀魂ではない」と辛辣な意見も多く、ファンが激論を交わしている。

「論点の一つは、本作が『原作をおざなりにして、福田監督の演出メインの映画になっているのではないか』という点です。原作者・空知英秋(38)が生み出した『銀魂』をどう解釈するかという議論に及んでいます」(映画ライター)

 一部ファンの間で圧倒的な人気を誇る福田監督だが、そのあまりに個性的な仕事ぶりに嫌悪感をチラつかせる声も出始めている。最近では、福田監督を中心とした”福田組”自体がやり玉に上げられることも増えている。福田組は若い世代に人気だが、今回各所で行われた『銀魂』のPRイベントで、小栗旬(34)や長澤まさみ(30)ら有名どころを差し置いてトークに興じたためか、一部で「福田組っていう言葉はそろそろ地雷」「流石にうざい」というバッシングまで発生した。

「福田監督は、テレ東の深夜ドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』で低予算ながらDVD売上などで大きな利益を生み出し、相乗効果としてパロディ演出やグダグダ感が高く評価されるようになった。今回の『銀魂』も賛否両論ですが、原作ファンに嫌われることが多いアニメ実写化作品を大ヒットにまで導いたことで、さらにオファーが増えていくでしょう。しかし、あくまで福田監督は”深夜ノリ”の人でこれから注目度が高まれば高まるほど、アンチの声が高まっていくのでは」(前出・映画ライター)

 今年10月にも、福田監督がメガホンを取った実写映画『斉木楠雄のΨ難』の公開が控えている。こちらも賛否を招いているが、『銀魂』の一定の成功を受け、配給会社もすでにホクホク顔か。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)