カツラ愛用に植毛手術まで?松居一代が”船越タブー”に触れる暴挙

カツラ愛用に植毛手術まで?松居一代が”船越タブー”に触れる暴挙

Photo by lillie kate(写真はイメーシ?て?す)

 夫・船越英一郎(56)の不倫疑惑を追及する松居一代(60)の追撃は続いている。7月20日発売の『週刊新潮』(新潮社)による、6時間にのぼる独占インタビューに応じ、これまで明かされることのなかった船越のプライベートまで白日の下に晒した。

 松居はインタビューで、船越への糾弾を繰り返すともに、騒動の黒幕として船越の所属事務所のホリプロが暗躍していることを指摘している。『新潮』も、ホリプロ側がテレビ局などに「松居の主張は事実無根で違法行為だから、一切報じないでほしい」とする圧力めいた要請をしたことを報じている。現に最近は松居の動画は使われることはなく静止画やイラストが多用されており、大手事務所への忖度を感じさせる事態になっている。

「『新潮』は7月13日売り号で、松居の居場所を突き止めて近況を写真つきで報道。松居はこれに対し、『そろそろどなたかいらっしゃるかと思った。新潮さん、お暑いのにご苦労様です』と動画で皮肉交じりに返しました。だが、『新潮』のライバル誌の『週刊文春』(文藝春秋)に騙されたと主張する松居は、敵の敵である『新潮』に親近感を覚えたようで、独占インタビューへの流れにつながったと見られてます」(芸能誌記者)

 そして、松居の口から船越に関する新事実が明らかにされた。

■アデランスのCM出演で囁かれてきた“ヅラ”疑惑

 松居は週刊新潮で船越をこれまでに信じ切っていた理由を言及する中で、「彼、カツラですから」「カツラだと、行為中に動くと、ズレちゃうでしょ」と暴露を連発。他にも、船越が今年1月にロサンゼルスで自毛植毛手術を受けたことやカツラを数十個も所持していることまで明らかにしている。

「船越はかつてアデランスのCMに出演するなど、以前から”カツラ疑惑”が絶えなかった。船越も今回の松居の主張に対し、これまでCMに出演してきた経緯があるので『ヅラなんか被っていない』などとは反論しにくい。二枚目俳優としての顔もある船越は、さらに苦しい立場に追いやられた印象です」(スポーツ紙記者)

 船越に関する事実を、被せるように連日明らかにする松居。かつてはおしどり夫婦とも称された2人に生じたズレは、もはや埋める余地がなさそうだ。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

関連記事(外部サイト)