映画から2年もお声かからず?桐谷美玲が”ヒロイン失格”となった現実

映画から2年もお声かからず?桐谷美玲が”ヒロイン失格”となった現実

Photo by nedim.chaabene(写真はイメージです)

 ひっそり崖っぷちか。アメリカで発表される「世界で最も美しい顔100人」の常連である女優・桐谷美玲(27)が、ここ2年ほど映画ヒロインの座から遠ざかっている。その背景には世代交代の波や連ドラでの不調、ビジュアルのマイナスイメージなど様々な原因が絡み合っているようだ。

 27歳になり、女優として油の乗った年頃の桐谷。数年前まで映画にドラマにと大忙しのフィーバーぶりだったが、ここ最近は鳴りを潜めつつある。

■桐谷美玲がリアルにヒロイン失格?

 特に顕著なのが、映画出演だ。『ヒロイン失格』(2015年9月公開)で演じた松崎はとりを最後に、桐谷は映画作品でヒロインを演じていない。『暗殺教室〜卒業編〜』(2016年3月公開)で演じた雪村あぐりは、重要なポジションとはいえチョイ役だった。こうして見ると、桐谷は映画ヒロインの座から2年ほど遠ざかっている。一体何が起きているのか。

「芸能界では今、有村架純(24)や広瀬すず(19)、高畑充希(25)、芳根京子(20)、土屋太鳳(22)、波瑠(26)など新しい世代がヒロイン女優として台頭している。また新木優子(23)や馬場ふみか(22)などモデル出身の女優なども着々と実績を積んでいる真っ最中。さらに、桐谷の上の世代には新垣結衣(29)や綾瀬はるか(32)、深田恭子(34)など人気アラサー女優が君臨している。桐谷は、世代交代の波に抗うことなく飲み込まれ、行き場を失っているようだ」(報道関係者)

 連ドラも不調だ。

 主演を飾った2016年7月期の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)は、全話平均視聴率が8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。同じくヒロインとして出演した2017年4月期の『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の全話平均は、6.3%。いずれも空振りだった。

 現在レギュラー出演しているのは、『NEWS ZERO』の週替りキャスターやCMくらい。女優業は開店休業状態だ。結果が出ていない以上、新しいスター女優に取って代わられるのは自然な成り行きか。

「桐谷の場合、ネガティブな点が多い。汚肌は改善しているように見えるが、ガリガリの鶏ガラのような腕は相変わらず。演技も、これといって特別上手いわけではない。またフジの連ドラで失敗したイメージも強く、ヒット作がないのは手痛い。とにかく、プロデューサー陣が興味を引く要素が少ない。このままだと需要が途絶え、本格的にヒロイン失格の烙印を押されかねない状況」(前出・報道関係者)

 かつて女性ファンにもてはやされ、栄華を極めた桐谷。このまま芸能界の荒波に押しつぶされ、ヒロインの座からひっそり退いていくのだろうか。はたまた起死回生の策はあるのだろうか。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)