市川海老蔵、麻央さんの入院費未払い報道&再婚説が浮上の顛末

市川海老蔵、麻央さんの入院費未払い報道&再婚説が浮上の顛末

Photo by PHOTO AC(写真はイメーシ?て?す)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が7月20日に自身のブログを更新し、一部週刊誌で報じられた内容について触れた。これは同日発売された『女性自身』(光文社)が、海老蔵の妻で先月亡くなった小林麻央さん(享年34)が入院していた病院に対し、訴訟を起こす可能性があると報じたものだ。

『女性自身』によると、海老蔵サイドは、麻央さんの検診や治療方針に誤りがないか疑問を持ち、再検証を求めているとのこと。そして結論が出るまで、入院や治療にかかった総額3000万円の支払いをストップさせたと伝えている。しかし海老蔵はブログでこれを「事実誤認だ」と主張した。

 海老蔵によると確かに未払い分はあるようだが、金額は3000万円ではなく3万円で、さらにその未払い分に関しては、麻央さんがまだ通院する予定であったため払っていなかったのだという。さらにこの話題については、海老蔵の母親も心配していたようで、「かわいそうだった」と自身の気持ちを吐露し、「3万円が3000万円……」と笑うしかなかったようだ。

 また海老蔵は、この前日にも「週刊誌」というタイトルで記事を投稿している。ここでは、具体的な雑誌名や内容はあげなかったものの「真実でないことは書かないようにね」「空想や想像や憶測は良くないとおもいまーす」と述べていた。これらに関しては、おそらくこの報道に対する声だと思われるが、今なお報じられる噂に、海老蔵自身もうんざりしているようだ。

■再婚相手の有力候補にはあの人

 麻央さんが亡くなって以降も、海老蔵は頻繁に舞台の様子や、家族での思い出などをブログにアップし続けている。そうした中、ファンからはそんな海老蔵のやせ細った顔つきを心配する声が上がっている。海老蔵もこうした声を受けて、18日のブログで「心の穴は変わらずですが体重は増えてますよ!」とアピールしている。

「麻央さんが亡くなって以降、海老蔵は舞台の準備などと並行して、マスコミ対応なども行っていました。かなり多忙を極めていたため、海老蔵自身の体調を心配する声も増えていたとか。ただ身の回りのことに関しては、母親の堀越希実子さんが行ってくれています。海老蔵は多忙ではあるものの、このところより増して歌舞伎に集中している姿が見受けられるとの声もあがっています」(芸能関係者)

 海老蔵は麻央さんが亡くなった翌日にも、自主公演である『ABKAI 2017 〜 石川五右衛門 外伝 〜』の舞台に立っている。また、歌舞伎座での舞台「七月大歌舞伎」では、長男の勸玄くん(4)も歌舞伎史上最年少で宙乗りに挑むなど、親子で役者として精力的な取り組みを行っている。

 こうしたなかで、一部の梨園関係者からは、今後の海老蔵の再婚に関する話も浮上しているようだ。

「このままいつまでも希実子さんが、という訳にはいかない。そのため、身の回りのことや、2人の子どもをサポートできる体制を整えるべきだと周囲からは言われているようです。また、ネットユーザーの間では、麻央さんの姉であるの小林麻耶(38)がいいのではという声があるほど。当の海老蔵本人は、勸玄くんがいるため後継ぎに関することも心配無用ですし、現状再婚する気はさらさらないようですが……」(前同)

 海老蔵とは年齢が近く、また共に麻央さんを献身的に支えていた麻耶。その近しい間柄からも海老蔵の再婚相手として候補にあがるのだろう。しかしそのプランは、ひと時の盛り上がりで終わるのかもしれない。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)